FC2ブログ

『割殻』(われから)

旧暦1月25日 乙卯(きのとう)
  啓蟄初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
DSCN3789 (2) (640x480)
去年、リニューアル前の須磨水族園で
写した『割殻』です。

下の写真は、「アマモ(甘藻)」の水槽。
この中にいると表示されていたので、
一生懸命探してみたのですが・・・。
DSCN3786アマモ (640x480)

結局見つからず、隣にあったモニターの
映像を、すごーくアップにして写したのが、
最初の写真です。
こんなに海藻と同化していれば、
わからないですよね。

「われから食わぬ上人(しょうにん)はなし」
ということわざもあるほどです。

どんなに戒律を守って、肉食を断っている
高僧でも、気づかずに、海藻についている
『割殻』を食べてしまうことがある……。
つまり、人のすることに絶対ということは
ないということだそうです。
DSC08655 (2) (640x480)

メルマガで紹介した和歌は、『伊勢物語』にも
登場します。
こちらは、藤原高子の作となっているのですが、
とりあえず、和歌の訳を……。

~海人(あま)の刈る 藻に住む虫の
 われからと 音(ね)をこそ泣かめ
 世をば恨みじ~
  (藤原直子『古今和歌集』)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 漁師の刈る海藻に住んでいるわれから……。
 そう、すべては私から始まったことだもの、
 声をあげて泣いても、ふたりの仲を
 恨んだりはしない。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

大好きな歌なので、ぜひ、本物の『割殻』を
見てみたいと思っているのですが……。

もしかしたら、知らないうちに食べているかも。
まさか……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『双葉』(ふたば)

旧暦1月18日 戊申(つちのえさる)
  雨水末候 草木萌動(そうもくめばえいずる)
DSCN3017 (640x480)

いつもの散歩道に、『双葉』がいっぱい
出ていました。
葉っぱの長さが、1センチもないぐらいの
小さな『双葉』です。
DSCN3014 (640x480)
ひしめき合って、空を見上げていました。
もう少しすると、何の草かわかるかな。

こちらは、踊っているような『双葉』ですね。
DSCN7020芽 (640x480)

以前、種から育てたユウガオ(夕顔)は、
しっかりとした、力強い『双葉』でした。
DSCN6469ユウガオ (2) (640x480)

こちらは、カワラナデシコ(河原撫子)の
『双葉』。
直径7センチほどの育苗ポットの中に、
2ミリほどの葉っぱが二つ。
DSC01800河原撫子 新芽 (2) (640x480)

『後撰和歌集』にこんな歌があります。

~ふた葉より わがしめゆひし なでしこの
   花のさかりを 人に折らすな~
            (よみ人しらず)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 双葉の頃から、しめ縄を張って、
 守り育ててきたなでしこを、
 花の盛りになって、人に折らせるなよ
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

この歌の場合の「なでしこ」は、
女の子の比喩なんですけど、
こんなに小さな『双葉』から育てた
ナデシコは、愛おしさもひとしおです。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『花吸』(はなすい)

旧暦1月11日 辛丑(かのとうし)
  雨水初候 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)
メジロDSC04473 (3) (640x480)
毎朝の散歩道にも、梅の花が
ずいぶん咲きそろってきました。
さっそく、メジロ(目白)がやってきて、
夢中で蜜を吸っていました。
メジロDSCN2884_Moment (2) (640x480) メジロDSCN2881_Moment (2) (640x480)
花から花へと、上になったり下になったり……。

それまでは、咲き残った山茶花(さざんか)の花や、
地味な枇杷(びわ)の花を吸っていましたが、
やはり、梅とメジロは、絵になりますね。

さて、『日葡辞書』に出てくるキバシリ(木走)は、
こんな鳥です。
キバシリ DSCN2375(2) (640x480)
名前の通り、木の幹を上に下に、
走るように登ったり降りたりします。
でも、食べ物は主に虫類で、
花の蜜を吸うことはまずありません。

あと、メルマガで紹介した「ヒヨドリ(鵯)」。
こちらは、花の蜜を吸いに来ます。
ヒヨドリ DSCN2781(2) (640x480)

また、アトリ(花鶏)は、主に、
木や草の種を食べる鳥です。
どうして、『花吸』と呼ばれたのでしょう。
アトリ♂DSC09487 (2) (640x480) アトリ♀DSC09602 (2) (640x480)

メジロは、桜の花も、大好き。
メジロDSCN9281 (2) (640x480)
しばらくは、『花吸』の愛らしい姿が
楽しめそうです。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『柊南天』(ひいらぎなんてん)

旧暦1月4日 甲午(きのえうま)
  立春末候 魚上氷(うおこおりをいずる)
P1180123 (640x480)
今日、家の近くで、花が咲き始めていました。

ナンテン(南天)の仲間ということですが、
大きくしてみると、ナンテンには似ていません。
20210214_142717 (640x480)

ちなみに、ナンテンの花は、こちら。
P1090384ナンテン (640x480)

4月頃になると、花がいっぱい咲いて、
にぎやかになります。
P1070504.jpg ヒイラギナンテンP1070515 (640x480)

ナンテンの実は、赤ですが・・・。
P1080575ナンテン (2) (640x480)

ヒイラギナンテン(柊南天)の実は、
黒っぽい色です。
DSCN4563ヒイラギナンテン (640x480)

厄災続きの日本。
「十大功労」さま、どうか、
魔よけの威力を発揮してくれますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『供養』(くよう)

旧暦12月27日 丁亥(ひのとい)
  立春初候 黄鶯晛睆(うぐいすなく)
針供養P1170380
4年前に、針供養に行った時の写真です。
折れたり曲がったりした針を、
大きなこんにゃくに刺して供養しています。

針供養P1170384

豆腐に刺す地方もあるそうです。

母が亡くなった後、知り合いの呉服屋さんから、
「供養になるから、お母さんの着物を着てあげてね」
と言われました。

それで、友達と着物で出かける機会を作ったりして、
なるべく着るようにしてきました。
今は、なかなか、それもかないませんが・・・。

農作業で殺してしまった虫を供養する「虫供養」、
食べた河豚(ふぐ)を供養する「河豚供養」などが、
辞書に載っていましたが、明石の海岸近くで、
こんな供養塔も見つけました。

供養塔 (640x480)
魚介類供養塔と、のり供養塔。
ほかにも、各地にいろいろな供養塔が
あることでしょうね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。