FC2ブログ

『うつくし』

旧暦7月3日 丁丑(ひのとうし)
  立秋次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)
ツクツクボウシDSCN8951
ツクツクボウシです。
七十二候は、「寒蝉(かんせん)」を、「ひぐらし」と
読ませていますが、
本来、「寒蝉」は、秋に鳴く蝉のこと。
どちらかというと、ツクツクボウシをさしました。

私は、ちょうど立秋の日に初声を聞きました。
今では、朝の散歩に行く山は、ツクツクボウシの大合唱。

こうなると、最初の部分は聞こえなくて、
「ホーシ、ホーシ……」
ばかり、聞こえてきます。

平安時代の聞きなしだと、
「よーし、よーし……」

「きれいだよ」というよりも、
気合を入れられているように聞こえます。


さて、メルマガの和歌を夢子の神戸弁で訳すと……。

~女郎花(おみなえし) なまめきたてる 姿をや
  うつくしよしと 蝉の鳴くらん~ 
            (源俊頼 『散木奇歌集』)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 女郎花がたおやかに立っとう姿を、
 「かわいいなぁ、きれいやなぁ」
 と、蝉は鳴いとんのかなぁ。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
オミナエシP1110307

それにしても、散歩の最中に、いろんな鳥が、
蝉を食べる場面を目撃しました。
写真は、ムクドリ(椋鳥)。
ムクドリ (640x480)
食べているところの写真はないのですが、
ほかにも、ヒヨドリ(鵯)や、
DSCN9108ヒヨドリ (640x480)
ヤマガラ(山雀)のような小さな鳥も、
振り回して、食べてました。
DSCN2872ヤマガラ (640x480)

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『夕顔』(ゆうがお)

旧暦6月25日 庚午(かのえうま)
  大暑末候 大雨時行(たいうときどきにふる)
DSCN9015 (640x480)
去年、夕顔を育ててみました。
DSCN9022 (640x480)
暗くなってから咲きます。

ヒルガオ科の植物は、茎がつる状ですが、
夕顔は、ひげでからみつきながら、伸びていきます。
DSCN7852 (640x480) DSCN8909 (640x480)
このひげが、コイルのようにしっかりしているのです。
こんなに力強く頼られても……。
弱いのか、たくましいのか、わからない感じです。

育ててみて、大変生命力が旺盛な植物だということが
わかりました。
『源氏物語』の夕顔のイメージとは違うかも……。

結局、実はひとつもなりませんでした。
干瓢(かんぴょう)の原料になるそうです。

連作はできないというので、
今年は、南瓜(かぼちゃ)を育てています。
坊ちゃんカボチャです。
カボチャ DSCN3358(640x480)
花の形も似ていますし、
ひげをからませていくところも同じです。

こちらは、白い朝顔。
アサガオ P1170148(640x480)

こちらは、昼顔。
ピンク以外の花は、見たことがありません。
ヒルガオ P1100535(640x480)

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『夏日星』(なつひぼし)

旧暦6月18日 癸亥(みずのとい)
  大暑次候 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)
DSCN0084 (640x480)
台風一過の夜空に、『夏日星』が、ルビー色に
輝いていました。

でも、我が家のカメラでは、これが精いっぱい。
肉眼で見る印象は、もっと赤いのに……。
それにしても、やはり、お月さまは大きいですね。
31日の夜は、火星も、もっと大きく輝くのでしょうね。

突然ですが、夏の日に干されているタコ(蛸)です。
タコP1110726

昔、火星人って、よくタコのような姿に
描かれていませんでしたか。
ウェルズのSF小説『宇宙戦争』の
イメージだそうですね。

火星をあらわす「Mars」の由来になった
マルスは戦いの神。
そして、夏の夜空に赤く輝く
さそり座のアンタレスは、
「Anti-Ares」からきているとか。
火星の敵ということです。

今宵は、アンタレスも見えましたが、
いつもなら赤く明るく見えるこの星も、
火星が大きすぎて、
まったく敵にならない感じでした。

戦いのイメージがつきまとう火星ですが、
『夫木和歌抄』には、
土師連(はじのむらじ)八島という
すぐれた歌人の許を、毎夜訪ねてきて、
ともに歌をうたい合ったという話が出てきます。

その者は、

~天の原 南にめぐる ひなつ星
 なにのくさとも とよさとにとへ~

という歌を残していったそうです。

「とよさと(豊里)」は、聖徳太子の幼名。
この時、9歳の太子に聞いたところ、
「これは、熒惑星(けいこくせい)なり」
と答えたということです。

熒惑星は、けいわくせいともいって、
火星のこと。
「熒惑」は惑わすという意味です。

『聖徳太子伝記』などでは、
この歌が、若干違っていて、

~天の原 南ににすめる 夏日星
 とよさとにとへ よものくさとも~

となっています。

聖徳太子や西郷隆盛など、日本では、
偉人と結びつきやすいようですね。

火星は、時折、子どもたちにまじって、
未来を予言する歌をうたうのだとか……。

この度も、何か、私たちに示唆してくれるのでしょうか。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『土用照り』(どようでり)

旧暦6月11日 丙辰(ひのえたつ)
  大暑初候 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
明石公園 ウチワヤンマ018 (640x480)
ウチワヤンマです。
こんなに小さな団扇では、
涼を呼ぶことはできないでしょうけど・・・。

我が家では、去年から、
主人がスズムシ(鈴虫)を飼っています。
DSCN0066 (640x480)
今年は、卵がかえって、
じつは、もう鳴き始めているのです。
とはいえ、この暑さの中で鳴いてくれても、
なかなか涼しさは感じられません。

鳥たちも、みんな、鳴いている時ではないのに、
口を開けています。
ケリも、ハシブトガラスも、ウミネコたちも……。
DSCN7722ケリ (640x480) DSCN9923 (640x480) DSCN7686ウミネコ (640x480) 
犬も、暑い時は、舌を出していますね。
同じように、鳥たちも、汗をかかないので、
口を開けて、体温を下げるのだそうです。

神戸は、まだましですが、いつになったら、
この暑さ、収まるのでしょうね。
大変な思いをしている方たちのためにも、
『土用照り』がゆるむことを祈っております。


☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『四海』(しかい)

旧暦6月4日 己酉(つちのととり)
  小暑次候 蓮始開(はすはじめてひらく)
P1070975海 (640x480)
光あふれる太平洋。
そして、波静かな日本海。
DSCN0707 (640x480)

でも、海に囲まれていて、山も多い日本ですから、
川も多いということを、思い知らされました。
ひとたび、荒れ狂うとどんなに恐ろしいか・・・。

少し前のことですが、
穏やかな瀬戸内海の浜辺では、
小さな命がはぐくまれていました。

ふっくらしているコチドリ(小千鳥)さん。
DSCN7961 (640x360)

じつは、お腹の中に、ヒナが隠れているのです。
ほら、出てきました。
DSCN7994 (640x360)
この日は、2羽隠れている時もありました。

ただでさえ小さなコチドリ。
スズメぐらいの大きさですから、
子コチドリがどんなに小さいか・・・。
小石の中にすっかり溶け込んでいます。
見えるでしょうか?
DSCN7866 (640x480)
冬の季語になっている千鳥ですが、
コチドリは、普通、夏鳥。

見ているだけで心安らぐ、平和な風景でした。
いつまでも、四海波静かでありますように……。

それにしても、まずは、
この暑さがゆるんでほしいものですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。