FC2ブログ

『千代見草』(ちよみぐさ)

旧暦9月7日 庚辰(かのえたつ)
  寒露初次 菊花開(きくのはなひらく)
DSCN3510 (640x480)
明石公園の菊花展には、よく行きます。
この写真も、何年か前に行った時のものです。
亡くなった叔母など、毎年楽しみにしていました。
DSCN3511 (640x480) P1050639 (640x480)
今年は、10月20日からだそうです。

もうひとつの「千代見草」、松のように
仕立てたものもありました。
08 11 1 明石公園 6 (640x480) 08 11 1 明石公園 5 (640x480)
見事ですね。

そういえば、友達の妹さんが、菊農家に嫁いで、
「菊作りは、大変なんよ」と言っていたのを
思い出しました。
どう大変か、具体的には忘れてしまいましたが、
菊花展の菊も、さぞ苦労されて、育てられたのでしょう。

以前、菊の花を浮かべて、菊酒の真似事をしました。
お酒は飲めないので、ソーダ水で・・・。
これだけでも、菊の香りがして、
寿命が延びるような気持ちがしましたよ。
DSCN0083 (640x479)

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『鵯花』(ひよどりばな)

旧暦8月29日 癸酉(みずのととり)
  寒露初候 鴻雁来(こうがんきたる)
ヒヨドリバナDSCN8350 (640x480)
まだ咲き始めで、ちょっと貧相な
ヒヨドリバナ(鵯花)です。

ちなみに、フジバカマ(藤袴)は、
フジバカマ DSCN0569(640x480)

先日、買い物に行く途中で、
30羽ほどで渡っていく
ヒヨドリ(鵯)の団体さんを見かけました。

こちらは、移動せずにずっと街にいるタイプかな。
ヒヨドリDSCN8490 (640x480)
頬の色が薄くて、まだ若い子のようですね。

DSCN2781ヒヨドリ (640x480)
こちらは、春のヒヨドリ。

日本では、どこでも見られる鳥ですが、
外国では珍しいそうです。
私は、桜が似合うような気がするのですが、
歳時記では、秋の季語になっています。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『蛟』(みずち)

旧暦8月22日 丙寅(ひのえとら)
  秋分次候 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)
P1080464龍頭鷁首 (640x480)
『蛟』には、なかなか出会えないものですね。
写真は、大覚寺の竜頭鷁首。

蝮の一種の蛇は、500年で蛟になり、
1000年で龍になるのだそうです。

「海千山千」の語源では、海に1000年、山に1000年
住んだ蛇が、龍になれるというのですが……。

いずれにしても、龍に近いのでしょうね。

500年前の姿というと……。
下の写真は、皮だけですが、マムシです。
DSCN8236マムシ (640x480)

生きているシマヘビなら出会いました。
DSCN5410シマヘビ (640x480)

そして、500年後……。
P1060603 (480x640) P1060611龍 (640x480) P1060616 (640x480)
こちらは、神戸の明泉寺の龍。
お堂の屋根を背中で支えています。

DSCN8835 (640x480)
こちらは、神戸水天宮の龍。
水難から守ってくれるそうです。
今回も、守ってくれますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『望月』(もちづき)

旧暦8月15日 己未(つちのとひつじ)
  秋分初候 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)
DSCN8381 (640x480)
十五夜の前の日の月は、
「待宵(まつよい)」とも
「小望月(こもちづき)」ともいいます。
写真は、今年の小望月。

秋分の日とも重なりましたね。
真西に沈む夕日は、雲が多くて、
よく見えませんでした。
DSCN8361 (640x480)

東の空も、雲が多くて、
どうかなと心配したのですが、
何とか、美しい姿を見せてくれました。
DSCN8374 (640x480)

さて、中秋の名月はどうでしょう。
天気予報は曇りですが……。

でも雲の向こうにある月を探すのも、
雲間から光がもれている風情も、
味わいがあるものですね。
歳時記では、「無月(むげつ)」といいます。

そして、雨なら、「雨月(うげつ)」、あるいは
「雨名月(あめめいげつ)」。

いずれにしても、お月見を楽しみたいと
思います。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『ゆくりなし』

旧暦8月1日 乙巳(きのとみ)
  白露初候 草露白(くさのつゆしろし)
DSCN7789日の出 (640x480)
朝の来ない夜はない……。
朝の散歩で山に登ると、日の出が見えます。
毎朝、違う表情です。
DSCN7619日の出 (640x480) DSCN7851日の出 (640x480) DSCN7590太陽 (640x480) DSCN2754日の出 (640x480) DSCN7975 (640x480) DSCN2962 (640x480) DSCN0045日の出 (640x480) DSCN7376 (640x480) DSCN9920 (640x480) 

先日、『ダンゴムシに心はあるのか
 -新しい心の科学-』
(森山徹著/PHPサイエンス・ワールド新書)
という本を読んだら、こんな実験が載っていました。

2匹のダンゴムシを背中合わせにして、糸で連結します。
前に進もうとすると、引っ張り合いになって、
身動きができません。
自然界ではありえない状況を作ったわけですね。
ダンゴムシにしてみると、ゆくりなき事態です。

すると、1匹が、もう1匹の上に乗って、
進んでいくようになったというのです。
14ペアのうち、9ペアでその状態が見られたとか。

ダンゴムシには大脳がないそうです。
なのに、不測の事態に何とかして、
対応できるのですね。

今日は旧暦八月一日。
明日からの二日月や三日月に願いを託すと、
やがて満ちてかなうといいます。
被害を受けたみなさんが、一日も早く、
安心して暮らせますよう祈りたいと思います。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。