『亥の子荒れ』(いのこあれ)

旧暦10月3日 辛亥(かのとい)
  立冬末侯 金盞香(きんせんかさく)
P1070158 (640x471)
東灘区の天井川の川原では、よく猪を見かけます。

何年か前の小春日和の日、
道路から、川原を見下ろすと、
猪の家族が川原でお昼寝をしていました。
P1070103 (640x480)

一番小さいのは、まだ子どもでしょうか。
一匹だけ、うろうろしていました。
P1070144.jpg

「亥の子」という行事は、いわば収穫祭。
今では、ハロウィンが盛んになっていますが、
同じような昔ながらの風習があったのに・・・と
思います。

それにしても、土曜日から、
まさに『亥の子荒れ』という日が続いていますね。
我が家では、暖房はもう使っているのですが、
炬燵は、亥の日に出すことに決めています。

今年は、閏月が入った関係で、亥の月が遅め。
やっと、炬燵開きです。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『秋沙』(あいさ)

旧暦9月25日 甲辰(きのえたつ)
  立冬次侯 地始凍(ちはじめてこおる)
ミコアイサペア
日本に来る『秋沙(アイサ)』は、主に、
「海秋沙(ウミアイサ)」、「川秋沙(カワアイサ)」、
「巫女秋沙(ミコアイサ)」の3種です。

写真は、ミコアイサのオスとメス。
右側の白い姿から、巫女を連想して、
この名がついたのでしょうけど、こちらは、オス。
後ろをついていくのが、メスです。
通称パンダガモ。
ミコアイサ
こちらの方が、わかりやすいですね。

ボサボサ頭のウミアイサのオスとメス。
DSCN4316ウミアイサ DSCN4807.jpg

カワアイサの写真は、いいのがありませんでした。
オスは、ウミアイサと同じような青い首で、
頭はボサボサではありません。
メスは、ウミアイサとよく似ています。

メルマガに紹介した『万葉集』の歌を訳すと、
**********
 山の間を渡っていくアイサが降り立つだろう、
 その川の瀬に、決して波よ立たないで……。
**********
とすると、カワアイサではないかと思われるかもしれませんが、
ウミアイサも、川や池にもきます。
カワアイサも、海にいたり、ときには、
両方いっしょにいたりするので、
この歌も、どちらかは決められないのです。

3種の中で、一番小さいのが、ミコアイサ。
波立たないでと願いたくなるかなと思って、この写真にしました。

今年は、まだ、どのアイサも見ていないです。
いつも、もう少し寒くなってからかな。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『蔦紅葉』(つたもみじ)

旧暦9月18日 丁酉(ひのととり)
  霜降末侯 楓蔦黄(もみじつたきばむ)
DSCN0120.jpg
甲子園球場の蔦です。
ずいぶん、色づいてきていました。

DSCN0762.jpg DSCN0724.jpg 
鮮やかな紅色、やさしい橙色、そして、
上の写真のように緑色の部分も……。
斑紅葉(むらもみじ)といった状態です。

もともと球場をおおっていた蔦は、
リニューアル工事の際に伐採されたのですが、
その時に採っておいた種から苗木を育て、
再び、植え付けたのだそうです。

ずいぶん伸びてきていますね。
DSCN0733.jpg

これは、蔦の吸盤。
とっても強力で、引っ張っても離れません。
この力で、壁をつたっていくのです。
DSCN0743.jpg DSCN0742 (1)

静かな甲子園球場……。
よく見ると、蔦にたくさん実ができていました。
DSCN0126.jpg

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『花吹く秋』(はなふくあき)

旧暦9月11日 庚寅(かのえとら)
  霜降次侯 霎時施(こさめときどきふる)
DSCN0079.jpg
今年は、旧暦で重陽の節句を祝いました。
ちょうど食用菊の少量パックが売っていたので、
それを浮かべて、菊酒にしました。

じつは、私も主人も、お酒が飲めません。
唯一飲めるのが、「ほろよい 白いサワー」。
それを、ぐい飲みに入れると、ちょっとにごり酒みたい……。
平安貴族たちも、宴で飲んでいたのは、
にごり酒だったそうですから、ちょうどいいかな。

ちゃんと、吹いてから飲みました。
というより、吹かないと、先に菊の花を飲んじゃいそうでしたから……。

メルマガで紹介した、野分説。
今年なら、当てはまるところもありそうですね。

でも、「花吹く」どころではなく、「木倒す秋」というところも
多かったのではないでしょうか。
先週の台風21号の時は、我が家の萩も倒れて、
道を半分ふさいでしまいました。

片付けに追われて、写真を撮るどころではなかったので、
在りし日の萩を……。
DSCN3718.jpg

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『風巻』(しまき)

旧暦9月4日 癸未(みずのとひつじ)
  霜降初侯 霜始降(しもはじめてふる)
DSCN6780.jpg
タイトルと全然違う写真で、すみません。
今も、激しい風が、ものすごい音をたてて吹いています。
本当なら、今宵はこんな月が見られるはずだったのでしょう。
それにしても、長いこと、お月さまを見ていないなぁ。

じつは、今年の中秋の名月は、メルマガの和歌にあった、
須磨の浦で見たんです。
2017十五夜の夕焼けDSCN0483
上の写真は、西を見たところ。
ちょうど、月は東に日は西に……。
となる場所を見つけて、月待ちをしていたのですが……。

「ここは5時で締めますから、出てください」
といわれて、あわてて外へ。

すると、目の前に、大きな雲かとまがうような
名月が出ていました。
2017名月DSCN0487

聞いていると、怖くなるほどの、すごい音。
はやく、収まってほしいです。
どうぞ、早く通り過ぎてくれますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。