カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「夢の言の葉 」カテゴリ記事一覧


『花吹く秋』(はなふくあき)

旧暦9月11日 庚寅(かのえとら)
  霜降次侯 霎時施(こさめときどきふる)
DSCN0079.jpg
今年は、旧暦で重陽の節句を祝いました。
ちょうど食用菊の少量パックが売っていたので、
それを浮かべて、菊酒にしました。

じつは、私も主人も、お酒が飲めません。
唯一飲めるのが、「ほろよい 白いサワー」。
それを、ぐい飲みに入れると、ちょっとにごり酒みたい……。
平安貴族たちも、宴で飲んでいたのは、
にごり酒だったそうですから、ちょうどいいかな。

ちゃんと、吹いてから飲みました。
というより、吹かないと、先に菊の花を飲んじゃいそうでしたから……。

メルマガで紹介した、野分説。
今年なら、当てはまるところもありそうですね。

でも、「花吹く」どころではなく、「木倒す秋」というところも
多かったのではないでしょうか。
先週の台風21号の時は、我が家の萩も倒れて、
道を半分ふさいでしまいました。

片付けに追われて、写真を撮るどころではなかったので、
在りし日の萩を……。
DSCN3718.jpg

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『風巻』(しまき)

旧暦9月4日 癸未(みずのとひつじ)
  霜降初侯 霜始降(しもはじめてふる)
DSCN6780.jpg
タイトルと全然違う写真で、すみません。
今も、激しい風が、ものすごい音をたてて吹いています。
本当なら、今宵はこんな月が見られるはずだったのでしょう。
それにしても、長いこと、お月さまを見ていないなぁ。

じつは、今年の中秋の名月は、メルマガの和歌にあった、
須磨の浦で見たんです。
2017十五夜の夕焼けDSCN0483
上の写真は、西を見たところ。
ちょうど、月は東に日は西に……。
となる場所を見つけて、月待ちをしていたのですが……。

「ここは5時で締めますから、出てください」
といわれて、あわてて外へ。

すると、目の前に、大きな雲かとまがうような
名月が出ていました。
2017名月DSCN0487

聞いていると、怖くなるほどの、すごい音。
はやく、収まってほしいです。
どうぞ、早く通り過ぎてくれますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『敗蓮』(やれはす)

旧暦8月27日 丙子(ひのえね)
  寒露次侯 菊花開(きくのはなひらく)
DSCN0405ハス
菊の花が咲き始める頃は、『敗蓮』が目立ちます。
特に、この頃、急に寒くなったので、
こちらに目が行くのかも・・・。

さて、『敗蓮』の真ん中の、小さな青色に気づかれましたか。
大きく切り取ってみると……。
カワセミ
カワセミです。
蓮の実も、すっかり種を落としていますね。

さて、こちらは、『敗蓮』の根元で休む鴨たち。
DSCN3504カルガモ・ヒドリガモ
ヒドリガモ、カルガモ、コガモです。

こんな鳥がいたことも・・・。
DSCN8259ヨシゴイ
ヨシゴイというゴイサギの仲間です。
写真ではわかりやすいのですが、
実際に見ると、『敗蓮』と同化していて、
なかなか見つかりませんでした。

『敗蓮』の中、居心地のいい場所なのかもしれませんね。
P1080552ハス
いえいえ、この中には、何もいません。
たぶん……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『雲居の旅』(くもいのたび)

旧暦8月20日 己巳(つちのとみ)
  寒露初侯 鴻雁来(こうがんきたる)
DSCN0164.jpg
宮城県伊豆沼で、去年撮った「雲居の雁」です。
今年は、もう9月14日に初雁が飛来したそうで、
これから、続々と渡ってくることでしょう。

「雁(かり・ガン)といえば、普通は、マガン(真雁)をさします。
DSCN0866.jpg

そして、七十二候にある「鴻」は、これだけでも、ヒシクイと読みます。
普通は、「菱喰」と書きますが・・・。
ヒシクイ
わかりにくい画像ですみません。
滋賀県湖北町で撮った写真です。
手前にいるのがオオヒシクイ(大菱喰)。
こちらも、6日に飛来したそうです。

ちなみに、向こう側で、首をあげているのは、
サカツラガン(酒面雁)です。


さて、メルマガで紹介した和歌の訳も、
いつもの夢子語で……。

~幾千里(いくちさと) ある道なれや
  秋ごとに 雲居の旅の 雁の鳴くらむ~ (坂上是則)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 どれだけはるかな道なんやろ。
 秋ごとに、長い長い旅をする雁が鳴いとうなぁ。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

この歌は、写本によって、「雲居を旅と」となっているもの、
「雲居の旅を」となっているものなどがあります。


鴨の仲間たちも、だいぶん渡ってきているようですし、
小鳥の冬鳥たちも、到着することでしょう。
日本がいつまでも、居心地のいい越冬地でありますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『叢雲』(むらくも)

旧暦8月13日 壬戌(みずのえいぬ)
  秋分次侯 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)
2016年名月(絵島)
去年の中秋の名月は、まさしく「月に叢雲」でした。

じつは、淡路島の月の名所「絵島」で月待ちをしたのですが、
厚い雲が覆っていて、なかなか月の姿は見えません。
DSCN9386_201710012243311fd.jpg
ちらりと見えたのも束の間。
あきらめて、淡路島をあとにしました。

最初の写真は、明石に着いて、食事をした後の写真です。

下は、何年か前の「月に叢雲」。
空にぽっかりと穴があいたような月と、
まるで雲を吐いているような月……。
DSCN6990.jpg DSCN6984.jpg

こちらは、一昨年の月ですが、月だけ撮っても
天体写真みたいで、風情はありませんね。
DSCN7731.jpg

月と叢雲を詠んだ歌には、

~叢雲や 月の隈をば はらふらん
  晴ゆくたびに 照りまさるかな~
  (源俊頼『金曜和歌集』)

というのもあります。

叢雲が月の陰りを払い去っていくみたいや~。
雲が晴れていくたびに、
ますます照り輝いていくんやなぁ。

という感じ。
叢雲が、月の輝きを引き立たせている例ですね。

さて、今年の中秋の名月は、10月4日。
お天気はどうでしょう。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。