カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「夢の言の葉 」カテゴリ記事一覧


『胡蝶』(こちょう)

旧暦2月3日 庚戌(かのえいぬ)
  啓蟄末侯 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
DSCN3181モンシロチョウ・ヒメジョオン (640x480)
「菜虫」といえば、紋白蝶(モンシロチョウ)を
さしているのでしょうけど、いち早く姿をみるのは、
紋黄蝶(モンキチョウ)のことが多いでしょうか。

今年も、3月4日に、見ました。
それが、初蝶です。
その時の写真ではありませんが・・・。
DSCN9882モンキチョウ (640x480)

さて、『胡蝶の夢』の蝶は、どれなのでしょうね。
そして、自分が蝶になった夢をみるとしたら……。
P1050516ツマグロヒョウモン♀ (640x480)
褄黒豹紋蝶(ツマグロヒョウモン)のメスかな。
名前がちょっと強烈で、幼虫の姿も毒々しいのですが・・・。
幼虫の食草は菫(スミレ)。

DSCN2997アオスジアゲハ (640x480)
青条揚羽(アオスジアゲハ)もきれいですね。
食草は、楠(クスノキ)など。

主人に聞いたら、普通の揚羽蝶(アゲハチョウ)と
言っていました。
DSCN4945アゲハチョウ (640x480)

ところで、これらの写真は、ほとんどが、
夏から秋に撮ったものばかりなのです。
でも、モンキチョウやモンシロチョウは、
素朴で、春らしい感じがしますね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『筆の花」』(ふでのはな)

旧暦1月25日 癸卯(みずのとう)
  啓蟄次侯 桃始笑(ももはじめてさく)
DSCN6769 (640x480)
家の近くに、数年前にマンションが建ちました。
その植え込みに、なんと土筆が出るのです。
土に混ざっていたのでしょうか。
今年も、いつ顔を出すかと思って見ていたら、
9日に出ているのに気づきました。

DSCN2558 (640x480)
ところで、こんなふうに、頭が黒くなっているのも
たくさんあります。
霜で焼けてしまったのか、
早くから先端だけが出ていたために、
この部分だけ枯れているのか、どうなのでしょう。

でも、墨をつけているみたいですね。
まさに書こうとしているのかな。

これから、どんどん『筆の花』も
目にするようになるでしょう。
その度に、どんな思いが心に
記されていくのでしょうね。

DSCN7103ツクシ (640x480)

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『巫鳥』(みこどり)

旧暦1月18日 丙申(ひのえさる)
  雨水末侯 草木萌動(そうもくめばえいずる)
ホオジロDSCN5716
去年の湖北町では、2月ごろから頬白(ホオジロ)が
さえずっていました。
頬白といっても、白いのは、目の下。
DSCN0312ホオジロ (640x480)

目の下が赤いと、「頬赤(ホオアカ)」です。
ホオアカDSCN6887 (640x480)

目の下が青いと、頬青とはいわずに、
「青鵐(アオジ)」。
これは、青鵐(あおしとど)が変化したといわれます。
DSCN2075アオジ (640x480)
「蒿雀」とも書きます。
「蒿」は、植物の蓬(ヨモギ)をあらわす漢字です。

同じく、目の下が黒いと、頬黒ではなく、
「黒鵐(クロジ)」。
クロジDSCN8690 (640x480)

さらに、目の下が黄色いと、頬黄ではなく、
「深山頬白(ミヤマホオジロ)」。
DSCN7622ミヤマホオジロ (640x480)
こちらは、頭の冠羽が立っています。

同じく冠羽が立っていて、目の下が白いのは、
「頭高(カシラダカ)」。
カシラダカDSCN2091 (640x480)
全然違ってきましたね。

鵐鳥占の判定基準は知りませんが、
気持ちよさそうに歌っていたら、
吉と思っておきましょうか。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『柔やか』(にこやか)

旧暦1月11日 己丑(つちのとうし)
  雨水次侯 霞始靆(かすみはじめてたなびく)
DSCN6720 (640x480)
25日の朝、新湊川から菊水山方面を見た写真です。
ほんのり色づいて、にこやかな表情に変わってきたようです。

DSCN6700スミレ (640x480)
石垣のすきまから、菫(すみれ)の花も
たくさん咲いていました。

オリンピックの選手たちのにこやかな表情も
印象的でしたね。

そして私も、昔の友人たちと久しぶりに会って、
楽しいひと時を過ごしてきました。

さて、「にこやか」という言葉、
古くは、やわらかという意味でも使われました。

漢字も、『柔やか』「和やか」のほかにも、
「温」「膩」「莞爾」など、さまざまな字が
あてられてきたようです。

あたたかくなってくると、体も心もやわらいできて、
笑顔になりやすいのでしょうね。
この冬は寒かったので、
山々が満面に笑顔を浮かべる日が、
ことさらに待ち遠しいです。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『泥む』(なずむ)

旧暦1月4日 壬午(みずのえうま)
  雨水初侯 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)
DSCN9夕日 (640x480)
去年の今頃、暮れ泥む明石の海です。
ひと頃に比べると、ずいぶん日が長くなりましたね。

DSCN0928 (640x480)
写真は、泥道で行き泥んでいるように見える
イカルチドリ(斑鳩千鳥)。
でも、泥んこになりながらも、
しっかりした足取りで、餌をとっていました。
決して、千鳥足ではありません。

それにしても、オリンピックでは、
挫折や苦しみを乗り越えて、
栄光をつかむ人が多いですね。
感動の毎日です。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。