fc2ブログ

『幾望』(きぼう)

旧暦8月14日 辛未(かのとひつじ)
  白露末候 玄鳥去(つばめさる)
十三夜(2021-09-19)DSCN8058 (640x480)
仲秋十三夜の月です。
月に叢雲……。
月の出時刻からから1時間ほどして、
ようやく、顔を出してくれました。

十三夜(2021-09-19)DSCN8067 (640x480)
十三夜でも、『幾望』という場合も
あるとのこと。
たしかに、ほとんど満月です。

下の写真は、2014年の十四日の月。
待宵(2014-09-07)DSCN3338
「待宵(まつよい)」とも
「小望月(こもちづき)」ともいいます。

とはいえ、天文学上の望が、
必ずしも十五夜とは一致しないのです。
今年は同じ日になるのですが、
この年は、十六夜の月が、本当の望。

でも、やっぱり、ほとんど満月……
『幾望』です。

こちらは、2015年の十六夜、
つまり、「既望」の方です。
十六夜(2015年9月28日)DSCN7768 (640x480)
じつは、この年も、この月が、
天文学上の望でした。

有明の月ですが、こちらが、
2019年の『既望』です。
DSCN9532有明の月(立待月) (2) (640x480)
この年は、一致していたんですね。

どの月も、肉眼では同じようにまんまるで、
きれいです。
やっぱり、昔の人と同じように、
名月を楽しみたいと思います。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。