FC2ブログ

『洒涙雨』(さいるいう)

旧暦5月26日 甲寅(きのえとら)
  夏至末候 半夏生(はんげしょうず)
P1110526 (640x480)
笹の葉だったらよかったのですが、
南天の葉に降りかかる雨です。

「洒」には、そそぐ、とか、洗う、という
意味があります。

『洒涙雨』を、涙が降りそそぐ雨、
と、とらえることもできますし、
涙雨が降りそそぐとも考えられますね。

七夕の『洒涙雨』の場合は、このどちらか
でしょうけど、もうひとつ、
「涙を洗う雨」というのもあるなと思いました。

雨の中で、泣きたいだけ泣いて、
あとは、きっぱり忘れるという場面も
あるのではないでしょうか。


ところで、七夕にちなんだ雨に、
「洗車雨」というのもあります。

こちらも、7月6日説、7日説、両方あるのですが、
織姫を乗せた牛車を洗うように濡らす雨。

P1040147 (640x480)
以前、雨の日に乗ったバスの中から
撮った写真です。
牛車に、ガラス窓がついていたら、
こんな感じなのかもしれませんが……。


七夕まつりを、月遅れで行う地方も、
まだまだありますね。
12年前の8月7日に、たまたま
彦根に行ったら、七夕まつりの日でした。
P1050334七夕 (2) (640x480)
今年は中止だそうです。
来年は、もとどおりできるといいですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。