FC2ブログ

『鈴鴨』(すずがも)

旧暦12月6日 丙寅(ひのえとら)
  小寒末候 雉始雊(きじはじめてなく)
DSCN4264(2) (640x480)
一昨年に、加古川河口で撮った
『鈴鴨(スズガモ)』の群れです。
実際には、とても遠くて、その上、
車や工場の騒音にかき消され、
羽音はよく聞こえませんでした。

明石のため池にもたくさん、渡ってきていました。
DSCN2301 (640x480)
ここは静かで、小さな群れが飛び交うたびに、
ささやかな羽音が聞こえます。
たしかに、涼やかで心地よい音。
昔の人は、これを鈴の音にたとえたんだなと思いました。

真ん中が、オスの『鈴鴨』。
両端が、メスです。
DSCN5569スズガモ (2) (640x480)
オスは、緑色の光沢がある黒い頭。
背中は黒と白の細かい波模様で、
脇からお腹にかけての白色が、遠くからでも目出ちます。

メスは、全体に茶色で、くちばしのつけ根が
白くなっているのが、特徴です。

ちなみに、「頬白鴨(ホオジロガモ)」はこちら。
左がオス、右がメスです。
DSCN5576 (2) (640x480) DSCN3554 (3) (640x480)
ホオジロガモの羽音は、まだ聞いたことがありません。
いつか聞いてみたいな・・・。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。