FC2ブログ

『鶴寿』(かくじゅ)

旧暦8月5日 丁卯(ひのとう)
  白露末候 玄鳥去(つばめさる)
DSCN0776 (2) (640x480)
去年の6月に、根室に行った時見た
タンチョウ(丹頂)の親子です。
普通、タンチョウは、卵をふたつ産むので、
順調にいけば、、2羽の子どもを連れています。
あとから聞いた話では、この時は、
1羽、怪我をして保護されていたそうです。
本当に、家族そろって、長生きしてほしいですね。

ツルの仲間には、タンチョウのほかに、
マナヅル(真鶴・真名鶴)や
DSCN1751 (2) (640x480)
ナベヅル(鍋鶴)などもいます。
DSCN1802 (640x480)
どちらも、鹿児島県出水市に行った時の写真です。
この時の飛来数は、13590羽。
万羽鶴の飛翔です。
DSCN1865 (640x480)

タンチョウもマナヅルもナベヅルも、
かつては、日本全国で見られたとか。
長寿の象徴が、どこででも見られなくなったのに、
平均寿命は伸びていっているとは皮肉ですね。

さて、「つる」の語源は、
落語では、オスが「つ~」と飛んできて、
メスが「る~」と飛んでくるなどといっていますが、
鳴き声から来ているという説、
朝鮮語が由来の外来語だという説、
連なるから「つる」になったという説など、
さまざまです。
DSCN6527 (640x480)
『万葉集』では、「たづ」となっています。
これも、いろいろ説があるのですが、
「つ」は、「の」という意味の古語。
田の鳥という意味の、「田づ鳥」が
変化したのではないかと思っています。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。