FC2ブログ

『歌きりぎりす』(うたきりぎりす)

旧暦9月23日 辛卯(かのとう)
  寒露末候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)
DSCN9462エンマコオロギ (640x480)
今日も、エンマコオロギ(閻魔蟋蟀)の声を聞きました。
すっかりか細くなって、
「ヒョロヒョロヒョロ……」と聞こえます。
秋風に震えながら鳴いているようでした。

「閻魔」とついた由来は、顔が
閻魔大王を連想させるからだそうです。
こんなにいい声で鳴くのに、閻魔大王とは……。

写真では、苦手な人を考慮して、後ろ向きですので、
正面の顔が見たい方は、こちらをどうぞ。
   ↓
『海野和男のデジタル昆虫記』

http://uns.music.coocan.jp/korogi.html源です。
ツヅレサセコオロギ(綴れ刺せ蟋蟀)は、キリキリ……。
エンマコオロギは、コロコロリー。
納得できます。
鳴き声は、こちらで聞けます。
   ↓
『コオロギの鳴き声図鑑』

「螽斯」と書いて、「きりぎりす」と読ませますが、
「螽」は、イナゴのこと。
とすると、現在のキリギリスをさす漢字のようです。
なので、「うたきりぎりす」の場合は、
この字を当てるのは、ふさわしくないと判断しました。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。