FC2ブログ

『霜消し』(しもけし)

旧暦9月21日 甲午(きのえうま)
  霜降次候 霎時施(こさめときどきふる)
DSCN8812 (640x480)
私も夫も飲まないのですが、
一応、父が使っていた徳利とお猪口を
置いていました。
久しぶりに出してきて、
写真を撮ったのですが、
もう使う機会はないかな……。

よく見ると、徳利には、
~和田の原 八十島かけて
 こぎいでぬと
 天のつり舟~
と書かれていました。

あらあら、「人には告げよ」が
省略されていたんですね。

お猪口は、さらに短く、
~和田の原 八十島かけて
 天のつり舟~
でした。

今になって、初めて気づきました。

これは何かの謎でしょうか。
「人には告げるな」
ということだったりして……。


さて、ちんちんと泡立つほど、
熱く燗(かん)したお酒を
「霜降り燗」というそうです。

お酒って、ちんちんに熱すると
泡立つんですか?
知りませんでした。

父は、燗する時、「人肌(ひとはだ)」
と言っていた記憶があります。
今思うと、この表現も素敵ですね。

飲めたら、もっと言葉の世界も
広がったかもしれないと思う時もあります。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。