『鴨の羽色』(かものはいろ)

旧暦3月14日 丁卯(ひのとう) 清明次候 鴻雁北(こうがんかえる)
DSCN6634 (1)
真鴨(マガモ)と、巴鴨(トモエガモ)の雄です。
トモエガモは、古くは、「アヂ」と呼ばれていました。
今では珍しい鴨ですが、『万葉集』には、「あぢ群(むら)」という表現が
よく出てきます。
昔は、群れでやってきていたのでしょうね。

葦鴨(ヨシガモ)、小鴨(コガモ)、嘴広鴨(ハシビロガモ)などの雄も、
鮮やかな緑色を持っています。
DSCN2664ヨシガモ DSCN7028コガモ DSCN3809.jpg

さて、メルマガに引用した『万葉集』の歌、
~水鳥の 鴨の羽色の 春山の おほつかなくも 思ほゆるかも~

関西弁で訳すと、
**********
 鴨の羽色の春山みたいに、
 ぼやーっとして、ようわからへんから、
 もどかしいてしゃあないわ。
**********

こんな感じでしょうか。
これは、笠女郎(かさのいらつめ)が、大伴家持に贈った歌。
家持は、態度をはっきりさせなかったのでしょうね。

メルマガに書いたように、この歌のイメージや
春山の様子からすると、背中の羽の色でもよさそうな気がします。


ところで、マガモをはじめ、鴨の雌の多くは、全身が茶色です。
軽鴨(カルガモ)や丘葦鴨(オカヨシガモ)のように、
雄雌ともに茶色い鴨もいます。
実際に、一番多い鴨の色といえば茶色でしょうね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。