『宵の明星』(よいのみょうじょう)

旧暦1月17日 辛未(かのとひつじ) 立春末侯 魚上氷(うおこおりをいずる)
DSCN6892.jpg
このところ、雪が降ったり、雨が降ったり、曇ったりのお天気ですが、
11日(土)の18時20分ごろ、雲がひくように去って、
写真を撮ることができました。

南の空、オリオン座の下の方には、全天で太陽の次に明るく見える
1等星のシリウスが輝いています。
でも、金星を見たあとでは、ちっとも明るく感じられません。
このところの金星は、-4.6等だそうです。

ちなみに、写真の左斜め上に見えている小さな星は、火星です。

ところで、金星は月のように満ち欠けがあって、
今は、三日月と半月の間のような形をしているのです。
でも、写真では、うまく撮れませんでした。

詳しくは、こちらでご確認ください。
        ↓
【国立天文台 「ほしぞら情報」】

10倍の双眼鏡で見ても、ぴたりと静止できず、動いてしまうので、
なんとなくお皿のような形に見えるだけ。

とにかく寒くて、手がかじかんでしまいました。

3月の半ば過ぎから、もう見えなくなって、
4月になると、明の明星として見え始めるとのこと。
4月の終わりごろには、明け方に、この明るさで輝くそうですから、
早起きしてみようかな・・・。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

プレゼント
夢子さんが手をかじかませながら写真を撮り、その写真を、このメルガマに載せてくださって、私たちに提供してくださいました。 ありがたいこと、ですね。
わたしなんぞは、よう しません。 理由は、単に、さぶいから。

要するに、おいらなんぞは、暖かいところから、さ~ぶい所へは、出たくないんだァ。 横着もんだから ねぇ。

そこへ行くと、夢子さんは、立派です。 さ~ぶい中、写真を撮りに出かけたんだから。

手がかじかむのを覚悟してたから、凍てつく夜空に 煌々と輝く 星々を撮ることができて、メルガマの読者に 素敵な写真を贈ることができたんじゃな~い。

それって、素晴らしいことだし、表彰ものにちがいないよ。 夢子さん、ありがとう。 さ~ぶいのに、ご苦労さまでした。

Re: プレゼント
ムクドリさま

あたたかいお言葉、ありがとうございます。

でも、寒くても一番プレゼントをもらえたのは、
私かもしれません。
あんなに光り輝く金星をじっくり見られた上に、
こうして、喜んでいただけたのですから。

おかげさまで、幸せな気持ちにさせていただきました。




> 夢子さんが手をかじかませながら写真を撮り、その写真を、このメルガマに載せてくださって、私たちに提供してくださいました。 ありがたいこと、ですね。
> わたしなんぞは、よう しません。 理由は、単に、さぶいから。
>
> 要するに、おいらなんぞは、暖かいところから、さ~ぶい所へは、出たくないんだァ。 横着もんだから ねぇ。
>
> そこへ行くと、夢子さんは、立派です。 さ~ぶい中、写真を撮りに出かけたんだから。
>
> 手がかじかむのを覚悟してたから、凍てつく夜空に 煌々と輝く 星々を撮ることができて、メルガマの読者に 素敵な写真を贈ることができたんじゃな~い。
>
> それって、素晴らしいことだし、表彰ものにちがいないよ。 夢子さん、ありがとう。 さ~ぶいのに、ご苦労さまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。