『初鶏』(はつとり)

旧暦1月3日 丁巳(ひのとみ) 
          大寒末侯 雞始乳(にわとりはじめてとやにつく)
DSCN0017_201701292122453eb.jpg
去年、宮城県の伊豆沼に行ったときの写真です。
10万羽近くものマガン(真雁)が、この沼をねぐらにしています。
そして毎日、夜明けとともに、いっせいに飛び立つのです。

この日、沼のほとりで夜明けを待っていると、
高らかに、鶏の声が聞こえてきました。

私には、「コケコッコー!」と聞こえましたが、
古代では、「かけろ」と聞いたそうです。

そう聞こえなくもないですね。
昔の人も、こんなにのんびりと、
「駆けろ~」と言っていたのでしょうか。
ニワトリDSCN3165

それにしても、赤頭巾をかぶって、時を告げるお役人、
かわいい感じですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。