『燕雀』(えんじゃく)

旧暦2月13日 壬寅(みずのえとら) 春分初侯 雀始巣(すずめはじめてすくう)
DSCN2517.jpg
春分の頃に来て、秋分の頃に渡っていくといわれる燕。
主人は、19日の土曜日に見たそうです。
日曜日は、いっしょに散歩に出たのですが、
私が辛夷の花の写真を撮っていると、
主人の「あ、ツバメ!」という声。
振り向いた時には、もう見えませんでした。

でも、山の方に向かって歩いただけで、いろいろな『燕雀』にあえましたよ。
DSCN9179.jpg
冬鳥の「尉鶲(ジョウビタキ)」くん、まだいました。
もう帰ろうかと考え中なのかな。

先日、四十雀(シジュウカラ)には、鳴き声の語順を識別して、
コミュニケーションをとっているという研究成果が発表されていましたね。
DSCN8496シジュウカラ

雀だって、ちゃんと考えていますよ。
スズメDSCN4427
以前の写真ですが、砂浴びをしているところです。
こうして、ダニなどをとるんですって。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

No title
お幸せに、ね。
Re: No title
マキノさま

そのひと言、とってもうれしくなる言葉ですね。
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。