『石龍』(せきりょう)

旧暦1月29日 戊子(つちのえね)
             啓蟄初侯 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
ニホントカゲDSCN2426トカゲ
蜥蜴というと、山頭火の、
~ひよいと穴からとかげかよ~
という句を思い出します。

写真は、8月に白川郷で撮ったものです。
しっぽの先は、もっと長~いのですが、すばやい動きに、
なかなかついていけませんでした。
でも、きれいなブルーが見えていますね。

こちらは、成体。
7月に森林植物園で撮った写真です。
しっぽが写っていませんが、もうブルーではありませんでした。
トカゲDSCN2259

「蜥蜴穴を出づ」は春の季語ですが、
「蜥蜴」そのものは夏の季語。
やはり、夏に見かけることが多いようです。

危険が迫るとしっぽを切って逃げることも、
よく知られていますね。

蜥蜴を見かけると縁起がいいということも
聞いたことがあります。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

No title
色々な所へ行かれているのですね。「蜥蜴を見かけると縁起がいい」ということは、知りませんでした。来週も楽しみに致しております。
Re: No title
中岡さま

いつもコメント、ありがとうございます。
私の場合は、ことわざ通り、縁起がいいみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。