『露玉草』(つゆだまぐさ)

旧暦5月28日 庚寅(かのえとら) 小暑次侯 蓮始開(はすはじめてひらく)
P1140496ハス
さて、宝石に見えるでしょうか・・・。
蓮の葉の上に水を落とすと、一瞬ではじくんですね。
またたくまに、水玉になって、ころころと滑り落ちていきます。
楽しくて、何度も遊んでしまいました。

P1100688ハス
花においた露も美しいですね。

江戸時代になると、「蓮っ葉」という言葉は、
品のない女性や、軽はずみな女性をさす時に使われるようになりますが……。

これは、蓮の葉が、お盆のお供え用に売られるようになり、
その場限りの際物商売を、「蓮葉商い」といったことから、転じた言葉です。

DSCN0377ハス
最初は、小さな葉が水面に浮き、「浮き葉」「銭葉(ぜにば)」と呼ばれます。
そのあと、茎が伸びて、水面から離れ、斜めの「巻き葉」になります。
葉っぱだけでも、さまざまな表情を見せてくれますね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。