「青木の花」

旧暦2月29日 癸亥(みずのとい) 清明末侯 虹始見(にじはじめてあらわる)

一年中、青々とした常緑樹の代表、「青木」。
葉が美しいということで、よく植えらていますね。
特に、斑入りのものが、街ではよく目につきます。

そんな青木にも、この時期、花が咲いています。
小さくて、地味な花です。
青木は、雄雌別株の木。
こちらは、雄花です。
よく見ると、花粉のついた雄しべが4本ついてますね。
P1130572アオキ DSCN1729アオキ

雌花は、こちら。
真ん中に緑の雌しべが見えます。
アオキ3

冬には、こんな実が。
P1080962アオキ
もちろん、雌花にしか実はなりません。

「桃葉珊瑚(とうようさんご)」ともいうそうです。
葉が桃に似ていて、珊瑚のような実だからですって。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。