萩の芽

旧暦2月21日 乙卯(きのとう) 清明初侯 玄鳥至(つばめきたる)

毎年、萩の花が咲き終わると、根元から伐ってしまいます。
すると、この木が隠れているのです。
夏から秋の間は、萩におおわれて、日も当たらないのに……。

そして、今、花を咲かせています。
P1130505.jpg P1130543.jpg

植えた覚えはないのですが、花壇の植木を頼んだ時に、
交じっていたのかもしれません。

カメリア・エレナ・カスケードというそうです。
園芸品種で、「姫山茶花(ひめさざんか)」という名前でも
流通しているようですが、
姫山茶花という標準名を持った野生種もあるので、困ったものです。
ほかに、いい名前はないものでしょうか。

ちなみに、「カメリア」は椿のこと。
「カスケード」は、園芸では懸崖(けんがい)づくりをさします。
枝がしだれていることをいっているのでしょう。

椿よりずっと小さな花ですが、同じように、花ごと、ぽとりと落ちます。
そして、萩にバトンタッチをするのです。

さて、萩ですが、この木の根元を見てみると……。
DSCN4497.jpg
もう、ずいぶん芽が伸びてきています。
この芽が、秋までに、ぐんぐん伸びて、たくましい木になるんですよ。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。