「彼岸」(ひがん)

夕陽

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、
今日は、本当に穏やかなお彼岸となりました。

正岡子規は、
~毎年よ 彼岸の入に 寒いのは~
という句を残しています。
でも今年は、彼岸の入(18日)も、雨は降りましたが、あたたかい日でした。

「彼岸過ぎまで七雪」ということわざもあります。
彼岸を過ぎる頃までは、雪がたびたび降るいう意味です。

結局、いろいろあるのですね。

さて、今日は、真西に太陽が沈む日。
沈む太陽を見送りながら、亡き人をしのぶ「日想観」を
しようと思ったのですが、ばたばたしていてい、
はっと気づくと、もう日没20分前。

近くのスーパーの屋上に上がって、ほとんど沈みかけた夕陽を拝みました。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。