『蝶』(かわひらこ)

旧暦1月26日 辛卯(かのとう) 啓蟄末候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
アブラナ
「菜虫」は、菜を食べる虫、つまり、青虫のこと。
紋白蝶(もんしろちょう)の幼虫ですね。

もう、菜の花はあちらこちらで咲き始めていいますが、
今年は、まだ蝶を見ていません。

ということで、写真は、菜の花だけ。

我が家に、菜の花やアブラナ類の植物はないのですが、
去年は、3月24日に、紋白蝶が、庭に遊びにきてくれました。

今年も、そろそろ来てくれるかなと、楽しみにしています。

ちなみに、向かいのお宅には、小さなミカン科の木があります。
そこに、揚羽蝶(あげはちょう)の幼虫がついて困るというので、
2匹、もらいうけて育てたことがあります。
ミカン科の葉を調達するのに、苦労しましたが、なんとか無事、羽化しました。
9月のことですが、その時の写真です。

アゲハチョウ アゲハチョウ

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。