「土筆」と「初音」

ツクシ
叔母が、明石の江井ヶ島駅の近くに住んでいます。
6日に訪ねたところ、近くの川の土手に、土筆がたくさん顔を出していました。

うれしくなって見ていると、遠くで鶯の声が……。
「ホケキョ、ホケキョ……」
と、まだ練習中のような歌声でした。
私にとっては、これが初音。

その川岸を小鷺(こさぎ)が、2本の冠羽をひらひらさせて、歩いていました。
下の写真は、この日のではありませんが、姫路で撮った、恋する小鷺です。

コサギ

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。