『長虫』(ながむし)

旧暦1月19日 甲申(きのえさる)
             啓蟄初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
蛇の衣
発行が遅れてすみません。

さて、「蛇穴を出づ」は、春の季語です。

写真は、「蛇の抜け殻」。
こちらは、ほかにも、「蛇の衣(きぬ)」「蛇の蛻(もぬけ)」などといい、
夏の季語になっています。
でも、この写真は、10月10日に、六甲山で撮ったものです。
青大将の抜け殻でしょうか。

こんな長い体で、上手に脱ぐものですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。