『鯔飛』(いなとび)

旧暦12月28日 癸亥 立春末候 魚上氷(うおこおりをいずる)
鯉
鯔(いな)ではないのですが、魚の様子はどうだろうと、
近所のせせらぎの道に行ってみました。

ここの鯉は、とっても元気に、泳いでいました。
網がかかっていたのですが、もし網がなければ、
飛び出してきそうな勢いです。

何度も、上半身を水の上に出す様子は、
まるで、鯉の『鯔飛』を見ているようでした。


さて、本物の『鯔飛』は、こちらです。
   ↓
【岩倉流泳法】

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。