『春待ち顔』(はるまちがお)

旧暦12月14日 己酉(つちのととり) 
              大寒末候 鷄始乳(にわとりはじめてとやにつく)
風待草

「春告げ草」「風待ち草」の異名を持つ梅も、『春待ち顔』です。

「風待ち顔」は、涼しい風を待つ様子ですが、
梅が待っているのは、東風(こち)。
春を呼ぶ風です。

さて、「殿待ち顔」があるのなら、
「姫待ち顔」があってもいいのではと思うのですが・・・。
こういうことは、男性の方が、顔に出やすいような気がしませんか?

でも、主だった辞書には、載っていませんでした。
昔は、待つのは女性だったからかもしれませんね。

夢見草

こちらは、夢見草の花芽。
6年前に、叔母が明石公園に苗木を植えたのですが、
3年前に折れてしまい、新たに、植え直してもらいました。
その桜です。
まだ、夢をふくらませている時期のようですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。