「都鳥」

ユリカモメ
ハーバーランドに、ユリカモメが渡ってきました。

主人は、よくカメラを持って、ハーバーランドまで散歩に行きます。

主人の話によると、
10月26日(日)には、1羽もいなかったそうですが、
11月2日(日)には、3羽。
11月3日(月)には、70羽以上いたとのことです。

続々とやってきているのですね。

ハーバーランドでじっと空を見ていたら、
渡ってきたばかりのユリカモメをお迎えできたかも・・・。

さて、写真に、こんな子が写っていました。
(どの写真もクリックすると大きくなります)
ユリカモメ

【ここから続きです】
じつは、ユリカモメの夏の姿は、こんな顔。
ユリカモメ(夏羽)
4月の終わりに夙川河口で撮った写真です。
ユリカモメ(夏羽)
北へ渡る直前、もう黒い顔になって、集合していました。

2枚目の子は、まだ、黒い顔の名残がありますね。

都鳥は、ユリカモメの異称。
『伊勢物語』では、隅田川に浮かぶ白い鳥を見て、
「京には見えぬ鳥なれば、みな人見知らず」
渡守(わたしもり)に、都鳥と教えてもらいます。

今では、鴨川にもたくさん来るんですけど・・・。

関西では、なじみがないのか、主人曰く、
「おとうさん、おとうさん、あの白い鳥、なんていう名前?」
「・・・」
という光景が、数か所で見られたそうです。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。