fc2ブログ

『現の証拠』(げんのしょうこ)

旧暦7月4日 丙戌(ひのえいぬ)
  大暑次候 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)
ゲンノショウコ2(640×480)DSCN9043
『現の証拠』には、赤花と白花があって、
西日本には、赤花、東日本には白花が
多いといわれますが……。
上の赤花の写真も、下の白花の写真も、
神戸で撮りました。
ゲンノショウコ(640×480)DSCN9611

16年前、新潟に行った時も、
いっしょに咲いていました。
ゲンノショウコ(640×480)DSCN1029

たしかに、こちらでは、赤花を
見る機会が多いような気もしますが……。

赤と白がいっしょに咲いていると、
「源平〇〇」と名づけられたりします。
たとえば、「源平桃(げんぺいもも)」。
ゲンペイモモ(640×480)1130461
源氏の白旗、平氏の赤旗に
なぞらえたものです。

『現の証拠』も、源平に
なっているのかな。

涼し気な花ですが、
夏の季語。
でも、写真は、どれも、
立秋以降に撮ったものです。

コロナにも効いてくれれば、
「医者いらず」の異名どおりになって、
医療に携わる方々も助かるのに……。
こればかりは、現ノ証拠に……と
いうわけにはいかないようですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。