fc2ブログ

『万雷』(ばんらい)

旧暦3月4日 丁亥ひのとい)
  春分末候 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
アゲハ(桜)DSC00941(640×480)
写真は、一昨年の4月4日のものです。
この年は暖かくて、桜に、
揚羽蝶(アゲハチョウ)が来ていました。
アゲハチョウは、
「雷蝶々(かみなりちょうちょう)」の
異名を持っています。

ヒルガオP1160813(640×480)
こちらは、「雷花(かみなりばな)」の
異名を持つ「昼顔(ヒルガオ)」です。
ほかに、「雨降り花」とも「日照り草」とも
呼ばれるのですが……。
花が咲くのは、もう少し先ですね。

キササゲDSCN2195(640×480) キササゲDSCN3210(640×480)
こちらは、「雷大角豆(かみなりささげ)」とも
呼ばれる「木大角豆(キササゲ)」。
普通は「木豇豆」と書くのですが、
ちゃんと表示されるかな?
こちらも、花は夏、実は秋です。

そして、「雷鴫(かみなりしぎ)」とも
呼ばれる「大地鴫(オオジシギ)」。
オオジシギDSCN1712(640×480)JPG
もう少しすると、北海道では、
「ズビャーク、ズビャーク」と鳴きながら、
爆音を立てて飛び回るのでしょう。

「鰰(はたはた)」は、
「雷魚(かみなりうお)」と呼ばれますが、
残念ながら、写真はありません。

さて、「木豇豆」は秋の季語、
「鰰」は冬の季語、あとは、夏の季語です。
「雷」そのものが、夏の季語ですものね。

でも、春のうちに、『万雷』の拍手をもって、
平和が迎えられますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。