fc2ブログ

『狐日和』(きつねびより)

旧暦11月10日 乙未(きのとひつじ)
  大雪次候 熊蟄穴(くまあなにこもる)
キツネDSCN7806 (2) (640x480)
毎朝、散歩に行く公園は、
市街地の真ん中にあるのですが、
狐がいます。
今までに、三度見かけました。
そのうち、2回は、後姿。
1回だけ、遠くから、しばらく、
こちらを見ていました。

噂によると、3匹いるそうです。
この子は、やせ細っているのか、子狐なのか……。
キツネDSC00390 (2) (640x480) キツネDSC00391 (2) (640x480)
キツネDSC00389 (2) (640x480)
なんだか、かわいいです。

キツネP1100161 (2) (640x480) キツネP1100156 (2) (640x480)
こちらは、湖北野鳥センターにあった剥製。

キツネDSCN1034 (640x480)
こちらは、新潟県阿賀町津川の麒麟山のふもと
「狐の嫁入り屋敷」にあった剥製。
平成7年に、麒麟山のふもとで
亡くなっていた狐だそうです。

こうしてみると、狐の顔って、それぞれに
個性があるのですね。

ちなみに、麒麟山には、険しすぎて
狐も後戻りするといわれた
狐戻城(きつねもどりじょう)があります。

15年前に訪ねた時、狐の嫁入り屋敷にも
立ち寄りました。

ここで食べた岩魚(イワナ)の
塩焼き、おいしかったなあ。

この辺りでは、昔、狐火がよく見られたそうです。
今は、コロナで中断されているようですが、
毎年5月3日に、カップルを募集して、
狐の嫁入り行列が行われます。
   ↓
【つがわ 狐の嫁入り行列】
【鬼滅現象?「狐の嫁入り屋敷」(動画)】

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。