FC2ブログ

『十薬』(じゅうやく)

旧暦4月23日 甲子(きのえね)
  小満次候 紅花栄(べにばなさかう)
DSCN0017ドクダミ (640x480)
ドクダミを漢字で書くと、「蕺」となります。
草冠に、左は「口」と「耳」を縦に、右は「戈」です。
環境依存文字なのですが、出てますでしょうか。

「蕺草」「蕺菜」とも書きます。
「菜」がつくのは、食用とされたから。
ゆでて、水にひたすと、臭いがなくなるのだそうです。

それにしても、メルマガで紹介した異名は、
ひどいですね。
悪臭があるといいますが、犬の反吐とか、
嫁の屁とは、全然違うように思います。

ドクダミP1040202ドクダミ

薬効に関しては、
蛙を殺して、ドクダミにかけておくと、
生き返るという話もあるほどです。
ほかに、「医者殺し」という異名もありました。
『十薬』どころか、万能薬だったのでしょうね。

たしかに、群生している様子を見ると、
強い生命力を感じます。

P1070956ドクダミ (640x480)
白く見えるのは、苞(ほう)と呼ばれる部分で、
しべに見える真ん中の部分が、花穂。
小さな花が、いっぱい集まっているのですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

15周年プレゼント当選者のお名前です

【15周年*ありがとう*プレゼント】へ、たくさんのご応募、
ありがとうございました!
当選された方は、

福本さま、楠瀬さま、東さま、有吉さま、溝口さまです。

5名の方には、メールでご連絡を差し上げました。


せっかくご応募してくださったのに、当たらなかったみなさま、
ごめんなさい。
この場で、改めて、お礼とお詫びを申し上げます。

ありがとうございました!

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『花の日本語』文庫版に重版がかかりました!


『花の日本語』(幻冬舎文庫)
に重版がかかりました。
こちらは、2013年に文庫化されて以来、
初めての重版です。

単行本の刊行が、2007年。
こちらも、ずいぶん長い間、愛読していただき、
感謝の気持ちでいっぱいです。
改めてお礼を申し上げるとともに、
ご報告させていただきます。

花の名前をひとつ覚えると、
心の中にも、花が咲くように感じます。
さまざまな異名をつけて、
植物を愛でてきた日本人。
みなさんの心にも、
たくさんの花が咲きますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『笋』(たかんな)

旧暦4月16日 丁巳(ひのとみ)
  立夏末候 竹笋生(たけのこしょうず)
P1040090ハチク・筍 (640x480)
江戸中期の暦学者・西村遠里の著した
『天文俗談』には、
~「竹笋生」は、世上、甘竹(はちく)の子
 生みそむるころなり~
とあります。

現在では、たけのこといえば、
孟宗竹(もうそうちく)ですが、
この候ができた当時は、
まだ日本に伝わってはいませんでした。

代表的な竹は、「真竹(まだけ)」ですが、
こちらは、「苦竹」とも書くように、
苦いのだそうです。
P1160680マダケ筍 (640x480)

筍の時期は、孟宗竹、淡竹、真竹の順。
ちょうど、この時期は、
『天文俗談』に「甘竹」と書かれている
「淡竹(はちく)」が出る時期なのですね。

さて、5月の初めに、
久しぶりに会った岡山の友人が、
筍をたくさん持ってきてくれました。
もちろん、孟宗竹です。
この場合は、「たかんな」と
いうべきかもしれませんね。

一度には食べきれないので、
煮たあとで、冷凍しておきました。
毎日おいしくいただいてきましたが、
もうすぐなくなりそうです。
ごちそうさまでした。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『水鶏』(くいな)

旧暦4月9日 庚戌(かのえいぬ)
  立夏次候 蚯蚓出(みみずいずる)
ヒクイナDSCN4654 (640x480)
写真は、古来、詩歌に詠われてきた
「ヒクイナ(緋水鶏)」。
漢字のとおり、緋色のクイナです。

普段は、葦の繁みにかくれているのですが、
この日は、ペアで顔を出してくれました。
hikuina (640x480)
鳴き声は、こちらからお聞きください。
「さえずり」が、「水鶏たたく」の声です。
   ↓
【バードリサーチ鳴き声図鑑】ヒクイナ

「トン、トン……」とか、「コン、コン……」と
聞こえなくもないですね。
平安貴族たちが、こんなふうに戸をたたいて
いたのかと思うと、おもしろいですね。

『紫式部日記』にも、この水鶏のやりとりが
あります。

ある夜、紫式部の部屋の戸をたたく人が
います。
彼女は、それには答えませんでした。
すると、翌朝、藤原道長から、歌が届きます。

~夜もすがら 水鶏よりけに なくなくぞ
 まきの戸ぐちに たたきわびつる~
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 一晩中、水鶏以上に、泣く泣く
 槙(まき)の戸口で、
 たたきあぐねとったんやで。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

それに対する、紫式部の返歌は、

~ただならじ とばかりたたく 水鶏ゆゑ
 あけてはいかに くやしからまし~
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 ただではすまさんといわんばかりに、
 戸ばっかりたたく水鶏やから、
 もし開けでもしたら、どんなに
 悔しい思いをしたかわからへんわ。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

現在、標準和名が「クイナ」なのは、こちら。
クイナ DSCN6743(640x480)
鳴き声は、戸をたたくようには聞こえませんね。
   ↓
【バードリサーチ鳴き声図鑑】クイナ

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『志学』(しがく)

旧暦4月2日 癸卯(みずのとう)
  立夏初候 鼃始鳴(かわずはじめてなく)
DSCN6881 (640x480)
『夢の言の葉』も15歳。
これまで支えていただき、
本当にありがとうございます。
今回は、写真のミニクリアファイルを
プレゼントさせていただきます。

大きさは、長い方が22㎝、短い方が15.7㎝。
A5サイズの書類が入るタイプです。

上村松篁の『日本の花・日本の鳥』の
一部が描かれています。
DSCN6884 (640x480)
これは、コチドリ(小千鳥)でしょうね。
『夢の言の葉』では、
『霜夜鳥』という異名を紹介しました。

DSCN6885 (640x480)
手前は、オシドリ(鴛鴦)の夫婦、
うしろは、松に三名鳥でしょう。
三名鳥は、三鳴鳥とも三銘鳥とも書き、
オオルリ(大瑠璃)、コマドリ(駒鳥)、
ウグイス(鶯)のことです。
コマドリは、まだ『夢の言の葉』に
登場していません。
いつか書きますね。

DSCN6886 (640x480)
手前は、椿とキジバト(雉鳩)。
うしろは、秋草とウズラ(鶉)かな。
キジバトとウズラも、まだですね。

DSCN6887 (640x480)
そして、カエデ(楓)と、キジ(雉)。
カエデは、『色見草』、
キジは、『妻恋鳥』という異名を
紹介しました。


ぜひ、こちらのフォームから、ご応募ください。
   ↓
【15周年*ありがとう*プレゼント】応募フォーム

ほんの少しで、恐縮なのですが、
多数の場合は抽選の上、5名の方に、
プレゼントさせていただきます。

当選された方には、
メールでご連絡を差し上げますので、
お名前は、ハンドルネームでも結構です。

また、応募締切は、
5月19日(日)23時到着分までと
させていただきます。

それでは、ご応募、お待ちしています。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。