『四海』(しかい)

旧暦6月4日 己酉(つちのととり)
  小暑次候 蓮始開(はすはじめてひらく)
P1070975海 (640x480)
光あふれる太平洋。
そして、波静かな日本海。
DSCN0707 (640x480)

でも、海に囲まれていて、山も多い日本ですから、
川も多いということを、思い知らされました。
ひとたび、荒れ狂うとどんなに恐ろしいか・・・。

少し前のことですが、
穏やかな瀬戸内海の浜辺では、
小さな命がはぐくまれていました。

ふっくらしているコチドリ(小千鳥)さん。
DSCN7961 (640x360)

じつは、お腹の中に、ヒナが隠れているのです。
ほら、出てきました。
DSCN7994 (640x360)
この日は、2羽隠れている時もありました。

ただでさえ小さなコチドリ。
スズメぐらいの大きさですから、
子コチドリがどんなに小さいか・・・。
小石の中にすっかり溶け込んでいます。
見えるでしょうか?
DSCN7866 (640x480)
冬の季語になっている千鳥ですが、
コチドリは、普通、夏鳥。

見ているだけで心安らぐ、平和な風景でした。
いつまでも、四海波静かでありますように……。

それにしても、まずは、
この暑さがゆるんでほしいものですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『木の葉隠れ』(このはがくれ)

旧暦5月19日 乙未(きのとひつじ)
  夏至末候 半夏生(はんげしょうず)
モリアオガエルDSCN9645 (640x480)
夜行性のモリアオガエル(森青蛙)さん。
眠っているのでしょうか。
今にもずり落ちそうですが、
ずっとこの姿勢のまま、動きませんでした。

卵塊は、よく見かけるのではないでしょうか。
モリアオガエルDSCN3570 (640x480)

日中は、木の上や葉っぱの陰で、じっとしています。
まさに『木の葉隠れ』。
モリアオガエルDSCN9655 (640x480)
トップの写真を、普通に撮ると、こんな感じです。
どこにいるか、わかりますか?

DSCN3842 (640x480)
こちらは、『木の葉隠れ』の「クサカゲロウ(草蜉蝣)」。
葉っぱの葉脈がこんなに見えるほど
アップにしないとわかりにくいですね。


さて、メルマガの和歌の夢子語訳を……。

~数ならぬ わが身山べの 郭公(ほととぎす)
  木の葉がくれの 声は聞こゆや~
        (よみ人しらず 『後撰和歌集』)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 物の数にも入らんような私が、
 山辺のホトトギスみたいに
 木の葉に隠れて鳴(泣)いとうねん。
 その声が、あなたに聞こえるやろか。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ホトトギスDSCN7267 (640x480)
ホトトギスも、たいていは、
声はすれども、姿は見えず……。


それにしても、「半夏生」の日が
ちょうど一年の折り返し点。
もう半分過ぎたんですね。
焦ってしまいます……。
半夏――標準名はカラスビシャク(烏柄杓)も
生えてきていました。
カラスビシャクP1110312

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。