FC2ブログ

『卯の花月夜』(うのはなづくよ)

旧暦4月14 庚申(かのえさる)
  小満次候 紅花栄(べにばなさかう)
DSCN7206 (640x480)
先日、森林植物園に行くと、空木(ウツギ)の花が
咲きこぼれていました。
卯の花栄(うのはなさかう)」といった感じです。

この日は、いいお天気だったので、
「卯の花曇り」でもないし、
もちろん、「卯の花腐(くた)し」でもありません。

「卯の花日和」とか「卯の花晴れ」と
いいたいところでしたが、
今まで、こんなふうには言わなかったようです。

27日は、雲が多くて、月夜にはなりませんでした。
明日、明後日も天気予報では、曇りや雨。
今年は、『卯の花月夜』になるでしょうか。

さて、メルマガの歌の夢子語訳を……。

~五月山(さつきやま) 卯の花月夜
  霍公鳥(ほととぎす)
  聞けども飽かず また鳴かぬかも~
          (作者未詳 『万葉集』)
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 五月の山の、卯の花盛りの月夜に聞く
 ホトトギスは、
 いくら聞いても飽きひんなあ。
 また鳴いてくれへんかなぁ。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

「五月山」の五月は、旧暦5月のことですから、
今年は、まだ先ですね。
でも、ホトトギスは、もうとっくに来てますね。

これは、5月15日の写真です。
DSCN7234 (640x480)
主人がひとりで鳥見に行って、
遠くの高い木の上で、鳴いていたところを、
何とか写してきたもの。
じつは、私はまだ聞いていないんです。
もうそろそろ、聞けるかな……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。