『葦原雀』(よしはらすずめ)

旧暦3月8日 乙酉(きのととり)
  穀雨初候 葭始生(あしはじめてしょうず)DSCN7653オオヨシキリ (640x480)
日本にやってくるヨシキリ(葦切)は、
主に、オオヨシキリとコヨシキリですが、
多いのは、オオヨシキリの方です。
1羽しか映っていませんが、
この葦原の中に、いっぱいいて、
「仰々し、仰々し」と
にぎやかなだみ声でさえずっていました。

じつは、オオヨシキリの口の中は、赤いのです。
わかりますでしょうか。
DSCN8403オオヨシキリ (640x480)
でも、ホトトギスのように、
「鳴いて血を吐く~」とはいわれません。

ほかにも、「葦鳥(よしどり)」、
「葦雀(よしすずめ・あしすずめ)」などの
異名があります。
やはり、葦原で鳴く鳥ということですね。
でも、葦じゃない草原で鳴いている時もあります。

珍しく電線でさえずっていました。
DSCN8385 (640x480)

といっても、これらは去年の写真ばかり。
今年もそろそろかなと楽しみにしています。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。