『燕賀』(えんが)

旧暦2月24日 辛未(かのとひつじ)
  清明初候 玄鳥至(つばめきたる)
DSCN9933ツバメ (640x480)
今年は、3月21日にツバメを見ました。
先日は、電線にとまって、盛んに
おしゃべりしているようでしたよ。

「そろそろ、巣のリフォーム始めなあかんのんちゃうん」
「そやなぁ・・・」

という感じでしょうか。

ツバメだけでなく、最近、出会う鳥たちは、
たいていカップル。
毎朝散歩していると、いろいろなドラマを
垣間見ることができます。

こちらは、カワセミのペア。
手前の、くちばしが赤い方がメスです。
DSCN9877カワセミ (640x480)
オスは、時々川に飛び込むのですが、
プレゼントの魚を獲ることができません。
何度もチャレンジすればいいのに、
じっと水面を見つめてばかり。

メスも純情なのか、がまん強いのか、
かなりの時間、こうしてじっと待っていました。
結局、何もしないオスを見限ったのか、
飛んで行ってしまい、
そのあとをオスが追いかけていきました。

イソヒヨドリのカップルがいると思って見ていたら、
そこへ、割り込んで入ったのは、メスのイソヒヨドリ。
メス同士で、にらみ合っていました。
DSCN2675イソヒヨドリ (640x480)
当のオスは、「ボク知らない」・・・。
DSCN2667イソヒヨドリ (640x480)

はっきり映っていませんので、イソヒヨドリってこんな鳥。
左がオスで、右がメスです。
DSCN2813 (640x480) DSCN2666イソヒヨドリ (640x480)

鳥たちの世界でも、いろいろあるのですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。