『秋の野芥子』(あきののげし)

旧暦8月6日 乙卯(きのとう)
  秋分初侯 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)
P1090637アキノノゲシ
土曜日、明石の田園地帯を歩きました。
ため池のそばには、たくさん『秋の野芥子』が咲いていました。
アキノノゲシDSCN9537 DSCN9547.jpg DSCN9539.jpg
野菊もいいけど、秋の野芥子には、
さわやかなやさしさが感じられて、素敵です。

さて、春の野芥子の写真はこちら……
といいたいところですが、
オニノゲシDSCN4646 オニノゲシDSCN1677 (1)
これは、「鬼野芥子(オニノゲシ)」です。

ノゲシとオニノゲシは、そっくり。
でも、葉っぱをさわってみると、すぐわかります。
オニノゲシは、ぎざぎざが痛いんです。
でも、ノゲシは、意外とやわらかくて、痛くありません。

同じ芥子でも、「雛芥子(ヒナゲシ)」は、全然違いますね。
ヒナゲシP1160114 ヒナゲシP1140067

ところで、「ケシ」は、「罌粟」とも書きますね。
漢名は、こちらだそうです。

「芥子」は、「辛子菜(カラシナ)」のことで、
日本でも、もとはそうだったのですが、
種(たね)が似ていることから、混同され、
さらに、「芥子」を「ケシ」と読むように
なってしまったということです。

ヒナゲシの葉っぱは、こんな感じです。
P1090368ヒナゲシ
よくわからない写真ですみません。
本物のケシの葉とノゲシの葉は
似ているみたいですけど、
ケシの葉の実物を見たことはありませんので……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。