『氷室』(ひむろ)

旧暦6月2日 壬子(みずのえね)
  大暑初侯 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
氷室DSCN0725
神戸の氷室神社の境内に残る氷室跡です。
由来書によると、仁徳天皇の時代の氷室だとか。

それほど遠くない場所に、平清盛の雪見御所もありました。
P1140822.jpg

現在では、真冬でもほとんど雪の降らないところです。
実際に氷室を使ったとしても、
夏までには氷がなくなっていそう・・・。
だいたい、切り出して保存するほど厚く氷が張る場所も
ありません。

昔は、今よりずいぶん気温が低かったのでしょうね。
温暖化が恐ろしくなります。

話は変わりますが、「氷の朔日」、つまり旧暦6月1日に、
民間では、高価な氷の代わりに、
お正月のお餅を、氷餅(凍み餅)にして食べたんだそうです。
それが、発展して、
「水無月」というお菓子になったのだとか。
これは、今でも、6月に食べます。
P1100669水無月

奈良の氷室神社の献氷祭では、
魚の氷柱を奉納することで有名ですが、
街を歩いていると、花氷のサービスに出合いました。
P1060625花氷
自由にさわれるので、たくさんの人が群がっていました。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。