『灯心蜻蛉』(とうすみとんぼ)

旧暦5月11日 癸亥(みずのとい) 芒種初侯 螳蜋生(かまきりしょうず)
DSCN4583クロイトトンボ
今年は早々と、5月18日に、『灯心蜻蛉』を見ました。
「とうしんとんぼ」、「とうしみとんぼ」ともいうそうです。
漢字は、どれも「灯心蜻蛉」となりますが、
一番響きが好きなのは、「とうすみとんぼ」です。
とまる時には、羽を背中の上でひとつにそろえるのも、
特徴のひとつですね。

さて、夏の季語では、まず「蜻蛉生る」。
こちらは、その抜け殻です。
DSCN1049トンボ
蝉の抜け殻なら、「空蝉(うつせみ)」と呼びますが、
蜻蛉の場合は、ないようですね。

「早苗蜻蛉(サナエトンボ)」は、早苗を植える頃、
つまり、田植えの頃にあらわれることから、
この名がついた蜻蛉です。
その一種、「団扇蜻蜓(ウチワヤンマ)」です。
明石公園 ウチワヤンマ018
尾の先に、団扇のようなものがついていて、
閉じたり開いたりするように動くんですよ。

「川蜻蛉(カワトンボ)」の仲間で、最も代表的な蜻蛉は、
「羽黒蜻蛉(ハグロトンボ)」。
DSCN8708ハグロトンボ
上の写真は、多分♀だと思います。
♂は、こんなにきれいになるんですよ。
(向こうの葉っぱにピントがあってしまいました。
 すみません・・・)
DSCN3042ハグロトンボ♂

鳥もそうですが、虫も、雄の方がきれい場合が、
多いみたいですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。