FC2ブログ

『熊手性』(くまでしょう)

旧暦10月24日 庚申(かのえさる) 大雪次候 熊蟄穴(くまあなにこもる)
熊手と箕

写真は、十日戎で売られていた熊手。
「福熊手」とか[飾り熊手」と呼ばれていますね。

ほかに、熊手といわず、「さらえ(さらい)」ともいいます。
福をつけると、「福さらえ(さらい)」。

漢字は、杷、攫、杈などと書くようです。

底にたまっている土砂やごみをかきのけるという意味の
「さらう」や「さらえる」という言葉からきたものですから、
直接的な言葉ですね。

後方に見えているのは、よく「笊(ざる)」といいますが、
本当は「箕(み)」。
福をつけて「福箕」といいます。

十日戎は、箕の方が主流かな……。

ざるなら、どんどん漏れていくイメージですが、
箕は、こぼれるすき間もない目で編まれています。

「箕性」なんて言葉はありませんが、
『熊手性』より、ずっと欲深いかもしれませんね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。