fc2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「夢の言の葉 」カテゴリ記事一覧


『二十山』(はたちやま)

旧暦4月5日 丙子(ひのえね)
  立夏次候 蚯蚓出(みみずいずる)
富士山(640×480)P1070942
神戸に住んでいるため、
富士山を目にする機会は少ないので、
飛行機からでも、新幹線からでも、
見られると、感激はひとしおです。
写真は、沼津に行った時に見えた
富士山です。

メルマガの『伊勢物語』の引用文の
「塩尻」は、塩田で、砂を盛り上げて
作った山のことです。
昔は、この塩尻に、海水をかけて、
乾かしてできた塩を集めていたそうです。
これが、富士山のような形だというわけですね。


さて、改めまして、20年間、ありがとうございます。
今回のプレゼントは、富士山の柄の小さなお守り袋です。
2(640×480)IMG_3240

六角形で、サイズは、一番長いところが約5㎝、
高さは約4cmですから、普通よく見るお守り袋に
比べると、半分ぐらいの大きさです。
  
今回は、富士山頂に「八葉」と呼ばれる八つの峰にちなんで、
計8名の方に、プレゼントさせていただきます。
色は2種類ありますので、お好きな方をお選びください。

siro(640×480)IMG_3238(白地)
kuro(640×480)IMG_3232(黒地)

大変ささやかな上、数も少なくて申し訳ありませんが、
応募者多数の場合は、抽選の上、当選された方に、
メールでご連絡を差し上げます。
お名前は、ハンドルネームでも結構です。
    
一年に一度のプレゼント企画で、
ほんの少しでも、みなさんと心がつながることが
できるような気がしております。  
たくさんの方に参加していただければ
こんなにうれしいことはありません。
 
なお、応募締切は、6月2日(日)21時到着分までと
させていただきます。

それでは、こちらのフォームから、ご応募くださいね。
お待ちしております。
     ↓
【20周年*ありがとう*プレゼント】応募フォーム

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『雨乞虫』(あまごいむし)

旧暦3月27日 己巳(つちのとみ)
  立夏初候 鼃始鳴(かわずはじめてなく)
アマガエル(640×480)P1110157
小さな小さな雨蛙(アマガエル)。
どこにいるのかわかりますか?

アマガエル(640×480)2024-04-07K網引湿原IMG_2058 (73)
先月、湿原を訪れた時にも、
草に隠れるようにしているのを
見ました。

アマガエル(640×480)DSC00443
じつは、我が家にも、たまにやってきて、
雨鳴きをします。
近くに池も川もない街中なのに、
どこからやってくるのか不思議です。

アマガエル(640×480)DSCN3927
周りの環境によって、体色を変えることも
特徴ですね。
花柳界などでは、心の変わりやすい人を
たとえて、「雨蛙」と呼んだそうです。

雨鳴きの的中率は、実験結果によって、
結構違いがあるようです。
もしかしたら、個体差があって、
優秀な『雨乞虫』と、苦手な『雨乞虫』が
いるのかもしれませんね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『春木立』(はるこだち)

旧暦3月20日 壬戌(みずのえいぬ)
  穀雨次候 霜止出苗(しもやんでなえいずる)
春木立(640×480)2017-04-16K御室仁和寺P1170625
今年は、春先が寒くて、急に暖かくなったせいか、
とりわけ、『春木立』の美しさを感じます。

春木立(640×480)2019-04-07K会下山DSCN6568
やさしい色合いに心が和みます。

春木立(640×480)2024-04-22K会下山IMG_2556 (6)
でも、みるみる、生い茂ってきました。
本当に『春木立』を楽しめる期間は、短いですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『虎杖』(いたどり)

旧暦3月13日 乙卯(きのとう)
  穀雨初候 葭始生(あしはじめてしょうず)
イタドリ(640×480)2P1070735
子どもの頃、友達のお父さんに山に
連れて行ってもらって、
『虎杖』を食べた思い出があります。
のどが渇いていたので、とっても
おいしいと思いました。

イタドリ虎杖(640×480)
でも、シュウ酸が含まれているので、
生のまま、たくさん食べると
いけないそうですね。

『虎杖』は、春の季語。
「虎杖の花」は、夏の季語です。
イタドリ(640×480)DSCN8149

じつは、雌雄別株。
こちらが雄花で、
イタドリ雄花(640×480)DSCN8397

こちらが雌花。
イタドリ(雌花)(640×480)DSCN9480イタドリ
花はとっても小さいので、わかりにくいですね。

秋には、実がなります。
イタドリ実(600×480)DSCN8406 イタドリ実(640×480)DSCN8407
ハート形のかわいい実です。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『揺蕩う』(たゆたう)

旧暦3月6日 戊申(つちのえさる)
  清明末候 虹始見(にじはじめてあらわる)
花筏2(640×480)P1010422
桜が散り始めると、水辺で見られるのが花筏。
水面(みなも)を揺蕩っている花筏を
いつまでも見送っていたいのは、
f分の1ゆらぎのせいでしょうか。

ゆらめく蝋燭の炎も、f分の1ゆらぎだそうです。
蝋燭(640×480)2024-04-14KIMG_2342 (3)

視覚で感じる動きだけでなく、
音にもゆらぎがありますね。

たとえば、小鳥のさえずり。
オオルリ(640×480)1H3A6238
先日、オオルリ(大瑠璃)のさえずりを
聞きました。
ちょうど、小鳥たちのさえずりが
聞かれる季節。
心にもいい季節なんでしょうね。

波(640×480)P1070937
寄せでは返す波……。
動きも、潮騒の音も、f分の1ゆらぎだとか。
目からも耳からも癒されるのですから、
心が疲れた時は、海を見たくなるはずですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。