FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「夢の言の葉 」カテゴリ記事一覧


『寒月』(かんげつ)

旧暦12月16日 戊午(つちのえうま)
  大寒初候 款冬華(ふきのはなさく)
DSCN9584 (640x479)
朝からの雨で、今日はお月さまが見られるかと
心配していました。
見当違いの空を見ていたので、気がつくと、
あたりは真っ暗。
お月さまは、とっくに、高いビルの向こうに出ていました。

まさしく、旧暦師走の月夜だったのですが、
こんな月の写真を撮るのは、とっても難しいですね。

DSCN9564 (640x480)

それにしても、『源氏物語』では、光源氏の
冬の夜の月はおもしろくあわれだというセリフの最後に、
わざわざ、

~すさまじき例(ためし)に言ひおきけむ人の心浅さよ~
(興ざめな例として言い残しておいた人の、浅はかなことよ)

と言わせています。

『枕草子』と同じ頃に成立したされる『宇津保物語』にも、
師走の月夜を趣きのないものとするような記述があるので、
当時の一般的な価値観だったのかもしれません。

でも、きっと、清少納言を意識していたんだろうな
という気はします。

その後も、古典には、『更級日記』や『徒然草』など、
師走の月や冬の月がすさまじきものというけれど……。
と前置きしているような記述がよく見られます。

私も、趣きを感じられる方に賛成ですが、
風情がないという見方もわからないではありません。
真っ暗な空だと、光が強すぎて、今回の写真のような、
殺風景な感じに見えてしまいますよね。
特に、都会の空では……。

さて、『寒月』と聞いて、思い浮かぶのは、
木島櫻谷(このしまおうこく)の屏風絵。
   ↓
インターネットミュージアム《木島櫻谷》

夏目漱石は、酷評したようですが、私は大好きです。
一昨年、初めて実物を目の前にして、すっかり魅了されました。

満月ではなく、二十日月ぐらいの月になっているところも、
寒々とした雰囲気にぴったりです。

今夜は十六夜ですから、
まだしばらくは、『寒月』を味わえそうですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『猪口才』(ちょこざい)

旧暦12月9日 辛亥(かのとい)
  小寒次候 水泉動(しみずあたたかをふくむ)
P1070136 (640x480)
神戸の天井川に、山から下りてきたイノシシ。
小さな口のイメージですね。
inosisi.png

お酒を飲む「ちょこ」も、「猪口」と書きますが、
こちらも当て字で、もともとは、
「ちょく」といったそうです。

語源は、杯(さかずき)をあらわす「鍾」の
呉音、あるいは、朝鮮音から
きているのではないかといわれます。

イノシシの口の印象が重なって、
「猪口」と書くようになったのでしょうか。

『猪口才』の当て字は、この「猪口」を
あてたのかもしれませんね。

思慮深げにたたずむイノシシ。
P1070111 (640x480)
何を考えているのでしょうね。

P1070103 (640x480)
人もイノシシも、のんびりと平和に
過ごせますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『正月心』(しょうがつごころ)

旧暦12月2日 甲辰(きのえたつ)
  小寒初候 芹乃栄(せりすなわちさかう)
DSCN0351 (640x480)
新年、おめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いします。

今年は、雲も少なく、澄み渡った空に、
明るく美しい初日がのぼってきました。

いつもの散歩コースを歩くと、
おなじみさんの鳥たちが、挨拶に出てきてくれます。
中でも、礼儀正しく紋付を着た、ジョウビタキ(尉鶲)。
DSCN0374 (640x480)
元日は女の子だけでしたが、
DSCN8588ジョウビタキ (640x480)
後日、男の子も姿を見せてくれました。
彼らはいつも、『正月心』みたい……。

それにしても、今日は部分日食。
DSCN1018 (640x480)
元日のあの太陽とは全く違う雰囲気でした。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『西洋柊』(せいようひいらぎ)

旧暦11月18日 庚寅(かのえとら)
  冬至初候 乃東生(なつかれくさしょうず)
P1070397セイヨウヒイラギ (640x480)
近縁の仲間を含めて、『西洋柊』、あるいは、
「柊黐(ひいらぎもち)」と呼ばれてきました。

でも、厳密に、ヨーロッパ原産の
イングリッシュ・ホーリーだけを『西洋柊』と呼び、
アメリカ産や中国産のものと
区別することもあります。

日本で多く出回っているのは、中国産。
この種だけを、「柊黐」と呼んだり、
「志那柊(しなひいらぎ)」と呼んだりもします。
写真も、じつは、こちら。
葉っぱの形が独特ですね。

三宮のフラワーロードを歩くと、ちょうど
たくさんの実をつけていました。
DSCN9354 (640x480)

低い場所でも、葉っぱは丸くなっています。
DSCN9370 (640x480)

「柊(ひいらぎ)」の花は、こちら。
P1080643ヒイラギ (640x480) DSCN4063ヒイラギ (640x480)
少し前まで、とってもすがすがしい香りを
漂わせていました。

DSCN4537ヒイラギ (640x480)
4月の終わり頃の青い実。
楕円形です。
だんだん、黒くなっていきます。

魔よけや、永遠の象徴とみなすのは、
日本と共通していますが、
洞察力というのは、西洋独特ですね。

「洞察」を辞書で引くと、
「物事を観察して、その本質や、
奥底にあるものを見抜くこと」。
見通すことという意味もあります。

洞察力を養って、来年は実り多い一年に
したいものです。

みなさんも、よいお年を!

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

『つとめて』

旧暦11月11日 癸未(みずのとひつじ)
  大雪末候 鱖魚群(さけのうおむらがる)
DSCN9662 (640x480)
とっても寒い朝でしたが、澄み切った空気の中で、
美しい日の出が見られました。

『枕草子』より……。
~冬は、つとめて。
 雪の降りたるは、言ふべきにもあらず~
P1150817雪 (640x480)
何年か前に、掬星台に初日の出を
見に行った時は、
うっすらと雪が積もっていました。

~霜のいと白きも~
P1080716霜 (640x480)
こちらは、森林植物園に歩いて行く途中。

~また、さらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、
 炭持てわたるも、いとつきづきし~
(また、そうでなくても、とっても寒い日に、
 火などを急いでおこして、炭火を運んでいくのも
 大変冬の早朝にふさわしい)
火鉢 (640x525) P1150852火鉢 (640x480)

さすがに、当時のような炭櫃や火桶の
写真はないので、風情はありませんが、
摩耶山天上寺に初詣に行くと、
お庭に火鉢を置いてくれていました。

あと、2週間で今年も終わりなんですね。
早いなあ。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(バックナンバー) (無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。