fc2ブログ

【ご案内】


『揺蕩う』(たゆたう)

旧暦3月6日 戊申(つちのえさる)
  清明末候 虹始見(にじはじめてあらわる)
花筏2(640×480)P1010422
桜が散り始めると、水辺で見られるのが花筏。
水面(みなも)を揺蕩っている花筏を
いつまでも見送っていたいのは、
f分の1ゆらぎのせいでしょうか。

ゆらめく蝋燭の炎も、f分の1ゆらぎだそうです。
蝋燭(640×480)2024-04-14KIMG_2342 (3)

視覚で感じる動きだけでなく、
音にもゆらぎがありますね。

たとえば、小鳥のさえずり。
オオルリ(640×480)1H3A6238
先日、オオルリ(大瑠璃)のさえずりを
聞きました。
ちょうど、小鳥たちのさえずりが
聞かれる季節。
心にもいい季節なんでしょうね。

波(640×480)P1070937
寄せでは返す波……。
動きも、潮騒の音も、f分の1ゆらぎだとか。
目からも耳からも癒されるのですから、
心が疲れた時は、海を見たくなるはずですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『双燕』(そうえん)

旧暦2月29日 辛丑(かのとうし)
  清明初候 玄鳥至(つばめきたる)
ツバメ(640×480)IMG_1602 (5)-Photoroom
家の近くにある去年の古巣に、
ツバメが帰ってきました。
巣の前の電線に、『双燕』の姿が!

尾羽の長い方が、雄だといいますから、
左が雄で、右が雌ですね。
仲良く、何の相談でしょうか。

ツバメ(640×480)DSCN5130
巣作りのための土も、都会では
なかなか手に入りませんが、
2羽で、協力して集めます。

昔は、「燕が巣をかける家は栄える」
といって、歓迎する人が多かったのですが……。

我が家なら大歓迎なので、毎年、
作ってくれないかなあと待っています。
今年もダメかなぁ。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『桜陰』(さくらかげ)

旧暦2月22日 甲午(きのえうま)
  春分末候 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
桜陰(640×480)DSCN2826
毎朝、散歩に行く公園は、
『桜陰』にベンチがあります。

こちらにも……。
桜陰(640×480)DSCN4656

散り始めた頃の『桜陰』の道も、
風情があります。
桜陰(640×480)DSCN6384

でも、今朝は、まだちらほら。
桜陰(640×480)2024-03-31K会下山IMG_1549 (9)
日に日に『桜陰』が大きくなっていくのが
楽しみな時期といえるかもしれませんね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『入内雀』(にゅうないすずめ)

旧暦2月15日 丁亥(ひのとい)
  春分初候 雀始巣(すずめはじめてすくう)
♂(640×480)2023-03-27IMG_4762 (25)
ニュウナイスズメ(入内雀)のオスです。
下の写真は、おなじみのスズメ(雀)。
スズメ(640×480)2023-10-29H1H3A7142 (7)
頭の色を比べてみると、ニュウナイスズメの方が、
赤みがありますね。

スズメはオスもメスも同じ色ですが、
ニュウナイスズメのメスは、薄い色。
はっきり見わけがつきます。
♀(640×480)DSCN1615

桜の咲く頃にやってきて、
オスもメスも、蜜をラッパ飲みしたりします。
♂(640×480)DSC01354 ♀(640×480)2023-03-30H1H3A9442 (38)

ところで、ニュウナイスズメの語源説に
登場する藤原実方は、
清少納言と交わした恋の歌も
残っています。

語源説はともあれ、
ニュウナイスズメを見て、
実方や清少納言を思い浮かべるのも、
楽しいですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『蝶形花』(ちょうけいか)

旧暦2月8日 庚辰(かのえたつ)
  啓蟄末候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
レンゲソウ(640×480)DSCN8741
実は、レンゲソウ(蓮華草)も、『蝶形花』。
小さなちょうちょがいっぱい集まっているんですね。

マメ科の植物には、そんな花が多いですね。
シロツメクサ2(640×480)
シロツメクサ(白詰草)も。

コメツブツメクサP(640×480)1090220
小さなコメツブツメクサ(米粒詰草)だって、
コメツブツメクサ(640×480)DSCN5100
よく見れば、小さな蝶々の集まり。
あれ、よく見ても、小さすぎて、
『蝶形花』には見えませんか。

フジ(藤)の花もマメ科です。
フジ(640×480)DSCN7928

そして、豆の花といえば、
ソラマメ(640×480)P1150954
ソラマメ(蚕豆)の花。

エンドウ(640×480)P1000772 エンドウ(640×480)DSCN4298
エンドウ(豌豆)の花も。

ハギ(萩)もマメ科ですが、
これから蝶といっしょに見られそうな
『蝶形花』を集めてみました。

マメ科の植物を、食草とするのは、
モンキチョウ(紋黄蝶)。
これは、秋の写真ですが・・・。
モンキチョウ(640×480)DSCN9882

今年は、『蝶形花』にたわむれる
春の蝶を楽しみたいです。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。