fc2ブログ

【ご案内】


『鳥の子色』(とりのこいろ)

旧暦1月9日 戊子(つちのえね)
  大寒末候 雞始乳(にわとりはじめてとやにつく)
卵20230129-1(640×480)
メルマガにも書きましたが、昔の卵は、
現在よりも、少し黄色味があったそうです。
卵の殻の色は、品種によって、
違ってくるんですってね。
ですから、『鳥の子色』も、もう少し、
黄色味がかった色です。

じつは、卵の写真を写そうと思って、
冷蔵庫を見ると、赤玉が1個だけしか
ありませんでした。
あわてて、白い卵を買ってきました。

去年の6月に、大阪自然史博物館で
開催された『日本鳥の巣と卵』展を
見に行きました。
野鳥の卵も、白っぽい色か、
ウズラ(鶉)の卵のような斑点のあるものが
ほどんどでした。

でも、ウグイス(鶯)は違います。
ウグイスとホトトギスの卵(640×480)DSCN3234
ワインレッドというのでしょうか。
托卵する側のホトトギス(時鳥)も、
卵の色も似せているのですね。

こちらは、明石公園に展示されていた
アオサギ(蒼鷺)の卵。
アオサギの卵(640×480)DSCN5276
淡い水色です。
アオサギ(640×480)DSCN6752
アオサギさん、とっても美しい卵を
産むんですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『翼鏡』(よくきょう)

旧暦1月2日 辛巳(かのとみ)
  大寒初候 欵冬華(ふきのはなさく)
カルガモ(640×480)P1020913
ブルーの『翼鏡』をのぞせて佇むカルガモ(軽鴨)。

マガモ(真鴨)のオスとメス。
『翼鏡』は、青紫です。
マガモ♂(640×480)DSCN9128 マガモ♀(640×480)DSC06462

眠っていても、『翼鏡』の色で、
マガモとわかりますね。
マガモ(640×480)DSCN4452

コガモ(小鴨)は、明るい緑。
コガモ(640×480)DSCN1525 コガモ(640×480)DSCN9267
右の写真は、コガモのメスです。

オカヨシガモ・ヨシガモ(640×480)DSCN4542
そして、上のヨシガモ(葦鴨)は、暗い緑、
下のオカヨシガモ(丘葦鴨)は白。

それぞれ、ちらっと見える美しい色が、
おしゃれですね。

お天気がよくて、光が当たると、
とても美しく映えます。
冬の穏やかな晴れた日は、
『翼翼』日和といえるかも……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『兎角』(とかく)

旧暦12月25日 甲戌(きのえいぬ)
  小寒末候 雉始雊(きじはじめてなく)
ウサギ(640×480)DSCN9409
角は生えてないですよ~。
日本では、角がある兎は、
発見されてないようですから、
まだ『兎角』を、実在しないものの
たとえとして使うことができそうですね。

「いずれしても」とか「何につけても」
という意味の「とかく」の当て字の方は、
ひらがなで書くことが多くなったので、
忘れられていくのでしょうか。

「兎は月を見てはらむ」という俗説があります。
今日の月は、ずいぶん欠けた月。
やはり、満月でないとだめでしょうか。
旧25日の月(旧三月2022)20220425 (6)

それにしても、この子……
ウサギ(640×480)DSCN9903
まんまるですね。
こんな歌がぴったりかも。

~草の上にまるまるとして飼はれたる
 兎の冬のぬくみをおもふ~
 (岡稻里)

ともあれ、人にとっても、兎にとっても
住みやすいこの世であってほしいですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『神々しい』(こうごうしい)

旧暦12月18日 丁卯(ひのとう)
  小寒初候 芹乃栄(せりすなわちさかう)
K2023-01-01会下山IMG_1021 (10)(640×480)
あけましておめでとうございます。
今年も、『神々しい』初日の出を
拝むことができました。

例年なら、震えながら日の出を待つのに、
今年は、比較的あたたかでした。
日の出時刻からほどなく、
初日が顔を出したかと思うと……。
H2023-01-01会下山 1H3A182(9)(640×480)

雲が横切ってしまいましたが、
H2023-01-01会下山 1H3A182(12)(640×480)

雲の上から出てきた時は、
まぶしい輝きでした。
H2023-01-01会下山 1H3A182(25)(640×480)

厳かな気持ちで、毎年
新しい年を迎えることができて、
本当にありがたいことだと思います。

この一年、みなさんが笑顔で
過ごせますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『誘う』(いざなう)

旧暦11月26日 丙午(ひのえうま)
  大雪末候 鱖魚群(さけのうおむらがる)
鶴岡八幡宮(640×480)P1010278
「共」に「なう」がついて、「伴(ともなう)」。
「秋」に「なう」がついて、「商(あきな)う」。
「荷」に「なう」がついて、「担(にな)う」。
「心(うら)」に「なう」がついて、「占(うらな)う」……。

『誘う』のように、接尾語の「なう」がついてできた言葉は
たくさんあります。
で、「いざ」といえば、「鎌倉」というわけで、
昔訪ねた鶴岡八幡宮の写真です。

大銀杏(640×480)P1010276
大銀杏も健在で、黄葉していました。
遠い歴史の舞台へといざなってくれる大銀杏が、
倒れてしまったのは残念ですね。

そして、由比ガ浜の夕陽……。
鎌倉の夕日(640×480)P1010271

何かと忙しくて、時間に追われるこの時期。
新しい年が日々がいざなっているなんて
思いながら、過ごせたらいいですね。

少し早いのですが、この一年、
本当にありがとうございました!

残り少なくなった今年と、
新しい年が、みなさんにとって、
すばらしいものでありますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。