FC2ブログ

【ご案内】


『玉簾』(たますだれ)

旧暦6月17日 乙亥(きのとい)
  大暑初候 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
P1080452タマスダレ (2) (640x480)
この花から、『玉簾』を連想するなんて、
驚きだと思ったのですが、
みなさんはいかがでしょうか。

P1140948タマスダレ (2) (640x480)
整った形の花は、すっきり。
でも、宝石に見立てるには、
無理があるような気がします。

DSCN9415 (2) (640x480)
葉はまばらですが、蕾なら、
玉に見えますね。

さて、『玉簾』と聞いて、この花よりも、
「南京玉すだれ」を思い浮かべられた方も
多いのではないでしょうか。

「アさて、アさて……さては南京玉すだれ 」
調子のいい節回しにのって、
簾を、さまざまな形に変えて見せる芸。

大いに楽しませてくれる、
すばらしい簾ということで、
この場合の『玉簾』は、簾の美称ですね。

P1050503タマスダレ (2) (640x480) P1080448タマスダレ (2) (640x480)
いずれにしても、子どもの頃、隣のお家に、
この花があったので、見つけると、
とても、懐かしい気持ちになります。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『土用間』(どようあい)

旧暦6月10日 戊辰(つちのえたつ)
  小暑末候 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)
空DSCN6690 (3) (640x480)
18日(日)の早朝は、『土用間』と呼びたくなるような
気持ちのいい風が吹いていました。
土用の間も、毎日、こんな風が吹くといいな。

翼果DSCN6703 (2) (640x480)
楓(カエデ)の翼果が、いっぱいできていました。
風に乗って、舞うところが見れるかなと思いましたが、
まだ、先のようです。

リンゴDSCN6764 (2) (640x480)
林檎(リンゴ)の実も!
涼しいと、余裕をもって景色を眺められるからか、
いろいろなものが見つかります。

ニイニイゼミDSCN6760 (640x480)
熊蝉(クマゼミ)も大きな声で鳴いていましたが、
そんな中で、にいにい蝉を見つけました。

日中は、じりじりと気温が上がって、
涼しい風もどこへやら。
土用入りしてからの暑さが思いやられます。

~数ならぬ 身のうき雲を 吹き払へ
  我を思はむ 心あひの風~ (慈円)

憂鬱な思いも、暑さも、コロナ禍も、
吹き払ってほしい……。
そんな気持ちを察して、
『土用間』が吹いてくれますように……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『一つ蓮』(ひとつはちす)

旧暦6月3日 辛酉(かのととり)
  小暑次候 蓮始開(はすはじめてひらく)
DSCN7729ハス (2) (640x480)
よく行く明石市の田園地帯には、蓮池があります。
観賞用の蓮ではなく、蓮根を採るための蓮なので、
蓮根畑といった方が正しいのでしょうね。
ふんわりとした、やさしい雰囲気の花が咲きます。

DSCN8673ハス (2) (640x480)
葉陰に隠れるように咲いている花も
よく見かけます。

DSCN8672 (2) (640x480)
葉っぱに比べると、花が小ぶりなような気がします。

こちらは、兵庫大仏ですが、仏様の
蓮の台座は……。
P1050462兵庫大仏 (3) (640x480)

P1050462兵庫大仏 (4) (640x480)
とっても大きいですね。

天国には、こんなに大きな蓮が
咲き乱れているのでしょうか。

「一つ蓮の縁」も、この世の縁が
あればこそですものね。
大切にしたいと思います。


☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『洒涙雨』(さいるいう)

旧暦5月26日 甲寅(きのえとら)
  夏至末候 半夏生(はんげしょうず)
P1110526 (640x480)
笹の葉だったらよかったのですが、
南天の葉に降りかかる雨です。

「洒」には、そそぐ、とか、洗う、という
意味があります。

『洒涙雨』を、涙が降りそそぐ雨、
と、とらえることもできますし、
涙雨が降りそそぐとも考えられますね。

七夕の『洒涙雨』の場合は、このどちらか
でしょうけど、もうひとつ、
「涙を洗う雨」というのもあるなと思いました。

雨の中で、泣きたいだけ泣いて、
あとは、きっぱり忘れるという場面も
あるのではないでしょうか。


ところで、七夕にちなんだ雨に、
「洗車雨」というのもあります。

こちらも、7月6日説、7日説、両方あるのですが、
織姫を乗せた牛車を洗うように濡らす雨。

P1040147 (640x480)
以前、雨の日に乗ったバスの中から
撮った写真です。
牛車に、ガラス窓がついていたら、
こんな感じなのかもしれませんが……。


七夕まつりを、月遅れで行う地方も、
まだまだありますね。
12年前の8月7日に、たまたま
彦根に行ったら、七夕まつりの日でした。
P1050334七夕 (2) (640x480)
今年は中止だそうです。
来年は、もとどおりできるといいですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『美女柳』(びじょやなぎ)

旧暦5月19日 丁未(ひのとひつじ)
  夏至次候 菖蒲華(あやめはなさく)
ビヨウヤナギDSCN7301 (2) (640x480)
「未央柳(ビヨウヤナギ)」を横から見たところです。
長いしべが、エレガント。
美女という名にふさわしい雰囲気です。

ビヨウヤナギP1100511 (2) (640x480)
正面から見ても、美しいです。

葉っぱは、柳ほど細くはありません。
メルマガに、「金糸桃」という異名があると
書きましたが、桃の葉にも似ていないみたい。
ビヨウヤナギP1090359 (2) (640x480)

こちらが、「金糸梅(キンシバイ)」。
キンシバイDSCN6730 (2) (640x480)
よく見ると、菖蒲(アヤメ)と杜若(カキツバタ)
よりも、見分けるのは簡単ですね。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。