FC2ブログ

【ご案内】


『田雲雀』(たひばり)

旧暦8月7日 甲子(きのえね)
  白露次候 鶺鴒鳴(せきれいなく)
タヒバリ DSCN5959(3) (640x480)
タヒバリ(『田雲雀』)は、姿も声も、
地味な鳥。
ほかのセキレイの仲間と同じく、
歩いているところを、よく見かけます。

秋に渡ってきて、
春に渡去する冬鳥ですが、
この秋は、まだ見ていません。
写真は、何年か前の2月に
撮ったものです。

秋の季語にはなっていますが、
あまり俳句にも、和歌にも、
詠まれていないようです。

こちらは、ヒバリ(雲雀)。
ヒバリDSCN6491 (2) (640x480)
このように、冠羽をたてていると、
区別しやすいのですが……。

ヒバリDSC06452 (3) (640x480)
冠羽をねかせている場合もあります。
これだと、似てるかな?

タヒバリDSC00715 (2) (640x480)
でも、タヒバリの方が、小さいです。
背中の模様も違いますが、
わかりやすいのは、
胸からお腹にかけて、
黒い縦斑があることですね。

ヒバリは一年中いますが、
タヒバリが渡って来るのは、
もう少し先かな。
再会を楽しみにしています。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『相撲草』(すもうぐさ)

旧暦7月30日 丁巳(ひのとみ)
  処暑末候 禾乃登(こくものすなわちみのる)
オヒシバDSCN7785 (640x480)
上の写真は、オヒシバ(雄日芝)。
どこにでも、生えていますね。
我が家の植木鉢にも、油断をすると、
いっぱい生えてきます。

そして、下は、メヒシバ(雌日芝)。
メヒシバDSCN7759 (640x480)
こちらも、どこにでも生えていますね。
でも、メヒシバ、コメヒシバ、アキメヒシバと
よく似た種があるそうです。
これは、メヒシバだと思うのですが……。

さて、『相撲草』の相撲、久しぶりに、
夫としてみました。
オヒシバDSC00365 (2) (640x480)
オヒシバの穂を結んで……。

オヒシバDSC00376 (2) (640x480)
結び目に、もう一方の茎を通して、引っ張る……。

結果は、1勝1敗。
今の子は、こんな遊び、するのでしょうか。


さて、菫(スミレ)や大葉子(オオバコ)にも、
『相撲草』「相撲取り草」という異名があります。
スミレは、花の下の曲がった茎をからませて、
オオバコは、上の写真と同じように、
穂を結んで、一方を結び目に通し、
引っ張り合います。

でも、私にとっての『相撲草』は、
やっぱり、オヒシバです。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『万葉の鳥』

旧暦7月23日 庚戌(かのえいぬ)
  処暑次候 天地始粛(てんちはじめてさむし)
9784416619971.jpg
『万葉の鳥』

今回もソフトカバーですが、
ハードカバーのような趣のある、
落ち着いた装丁になっています。

イラストの鳥の絵が、
図鑑的に正確でないのが、
とても残念なところなのですが……。

ぜひ、探鳥会などに参加して、
実際の鳥を見る機会を
もっていただければと思います。


タイトルは、『万葉の和歌』ですが、
その後の移り変わりがわかるよう、
『万葉集』以後の和歌も紹介しています。

何百年もの時を越えて、昔の人々と、
現在の私たちをつなぐ架け橋となっている鳥たち。

さらに、未来の架け橋にもなるよう、
守っていかなければいけませんね。

ご購入は、こちらから。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『木綿』(もめん)

旧暦7月16日 癸卯(みずのとう)
  処暑初候 綿柎開(わたのはなしべひらく)
P1140989 (2) (640x480)
「綿花(めんか)」が開いたところです。

綿は、アオイ科の植物。
クリーム色や、淡い紅色の花が咲きます。
P1150040 (640x480) DSCN7701 (2) (640x480)

でも、「綿花」と呼ばれるのは、
実が割れて見える白い部分のこと。
DSCN9280 (640x480)
綿畑が、収穫の季節を迎えると、一面、
白い花が咲いたように見えることでしょう。

~もともと「綿」という字は、蚕(かいこ)の
繭(まゆ)からとった「わた」をあらわしたもの~
とメルマガに、書きましたが、
綿花の「わた」をあらわす字は、「棉」です。


ところで、我が家には、真綿があります。
薄汚れてしまいましたが、寒い日には、
母が、このまま広げて、背負っていました。
DSCN7585 (2)
とっても軽くて、あたたかいんです。
しかも、「真綿で首を絞める」という形容が
あるように、すごく丈夫です。

何かに仕立て直そうとして、
そのままになってしまったのかな。
ちゃんと聞いておけば、ほったらかしに
しなかったかも……。
今からでも、何かにしてみようかと
思いはするのですが、どうしよう……。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

『盆雨』(ぼんう)

旧暦7月9日 丙申(ひのえさる)
  立秋次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)
雨P1110541
この度の豪雨で、被害に遭われた方に、
心からお見舞い申し上げます。

天にある「盆」が、どんなに大きいのか
わかりませんが、このところ、
『盆雨』という表現以上の
すごい雨が多いですね。
しかも、何回盆をひっくり返すのかと
思うくらい、降り続きます。
雨(20210309明石)P1030005

先日、家の庭に、
薄羽黄蜻蛉(ウスバキトンボ)が
やってきてくれました。
DSCN7286ショウリョウトンボ (2) (640x480)

お盆の頃によく見られるということで、
精霊蜻蛉(しょうりょうとんぼ)とも
呼ばれます。
亡くなった人の魂が乗ってくるのだとか。

心配性の母が、見に来てくれたのかもしれません。

☆詳しくは、今日のメルマガをお読みくださいね。
   ↓
(無料購読申し込み)

※このサイトの文章、写真等を許可なく使用することは、お断りいたします。
 どうか、ご一報ください。